旦那・彼氏にヘアワックスをつけないでほしい場合の対処法

旦那・彼氏にヘアワックスをつけないでほしい場合の対処法

旦那・彼氏のヘアワックスが臭かったりベタついて嫌だったりと、そんな悩みを抱えているあなたへ解決方法をご紹介しましょう。

まずはヘアワックスが嫌だって事を伝えよう

1番最初のステップはこれだ。

パートナーに「ヘアワックスが嫌だ、使わない方が好き」ってことを言わない限りは状況が変わる事は無いかな。

しかし、その事はなかなか伝えにくいと思う。何かこう、言いにくいよね。

ヘアワックスが嫌な事を伝える際の言い方の例をいくつか紹介しよう。

「ヘアワックスの匂いあんまり好きじゃないんだよね。シャンプーの匂いの方が好き」

「ワックス付いてるとベタつくから付けない方が良いな。サラサラの方が好きだな」

この時に大事なのは「ヘアワックスが嫌だ!」ってのをストレートに伝えないようにする事かな。だって言われた方はショックだと思うからね。

オブラートに包んで、回りくどく伝えよう。「○○の方が好き!」と言うと、相手を傷つけないで済むからオススメだ。

ヘアアイロンを使えばヘアワックス無しでもセット出来る

メンズ用のヘアアイロンを使えば、それだけでセットをする事も可能なんです。ちなみに私は、ヘアアイロンだけでパーマ風セットをしているんだ。

ヘアアイロンだけですると「臭いなし・ベタつきなし」とヘアワックスの嫌な部分を全部取り除く事が出来るんだよね。

髪をセットしたい旦那・彼氏と、ヘアワックスが嫌いな嫁・彼女の両方を納得させられるの強力なアイテムだ。

メンズ用のヘアアイロンは「アレティ」がオススメです。楽天のヘアアイロンランキングでベスト3に入る実力もあるので、これを選んで間違いは無いね。

「楽天市場で購入」のボタンを押すと商品のページに移動出来るので、そこから購入が可能だ。

旦那・彼氏にプレゼントしてあげる。もしくは「ヘアアイロンだけでセット出来るみたいだよ?私コレ買ってあげようか?」とアレティのヘアアイロンの画像を携帯で見せて聞いてみましょう。

ちょっと押し気味な感じがベストかなと。「ヘアアイロンでセットしようよ〜」と押して見ましょう。

Advertisement

ヘアワックスは禿げに繋がる可能性があるし、今のうちにやめさせた方がお得かも?

ヘアワックスは薬品が大量に混ざっている物です。少なくとも「髪や地肌に良い物」では無いって事は、何となく察しが付くよね。

ちょっとだけ掘り下げて解説してみよう。主に3つが原因で禿げる恐れがあるんだ。

1、特にヘアワックス に含まれる「界面活性剤」と呼ばれるものはタンパク質に作用するため、徐々に毛が細くなっていき、禿げの原因になる可能性が潜んでいるんだ。

2、ヘアワックスはベタついてるから毛穴に詰まりやすい。それが原因で炎症が起き、ダメージを受けた毛穴からは抜け毛が発生する場合が多い。さらに新しい毛も生えにくくなってしまう最悪の状態になるんだ。

3、ヘアワックスを落とすためのシャンプーが原因。ヘアワックスはシャンプーで落としにくいから、ゴシゴシ洗わなきゃいけないし何回もシャンプーしなければならない事だってある。この強いゴシゴシと、繰り返されるシャンプーが地肌を痛めつけてそれが禿げる原因にもなるのだ。

だから将来のためにもヘアワックスは使わない方が良いかも?って訳なんだ。

一方、ヘアアイロンは悪くても髪が痛むだけで済むし、髪は生え変わるからさほど問題にはならない。地肌には一切干渉しないから禿げの原因になる心配はゼロに近い。

Advertisement

この話は、旦那・彼氏に伝えてあげると良いと思うぞ

ヘアワックスをやめさせてヘアアイロンを勧める際は、ついでに禿げの話もしてあげると効果的だ。

「ワックス使い続けてると禿げるんだって……」と、さりげなく伝えてみよう。

「え、マジか!それならヘアアイロンでセットするわ!」を気が変わるかもね。

恐怖心を煽ると人は行動に出やすいので、そこを逆手に付くんだ。やり方は少し汚いが、現実的で賢いかもね。

彼氏・旦那の髪型は、パーマ風セットかナチュラルセットを勧めよう

ヘアアイロンのみでやるセットは万能では無く、どんな髪型もセット出来る訳では無いんだ。例えば「オールバック」をやりたいなら、整髪料を使う必要があるんだよな。

・ナチュラルセット

・パーマ風セット

これがヘアアイロンで出来るセットだ。

ヘアアイロンは髪の毛を捻る事を得意とするので、ただのパーマセットだけで無く「ツーブロックパーマ」などパーマを主軸とした髪型には対応する事が可能なんだ。

1番苦手、と言うか無理なのは「ツンツンした髪型」だね。ヘアアイロンは髪の毛を立たせるのには向いてないからね。

だから、旦那・彼氏には「パーマ系」の髪型を勧めてみよう。「これとかカッコよくない?」と言いながらヘアカタログでも見せてあげよう。