ヘアワックスを使っていて、ほこりやゴミが付くのは仕方ない

ヘアワックスを使っていて、ほこりやゴミが付くのは仕方ない

スタイリング用品

ヘアワックスを使っていたら白いほこりが付いてしまう。白いゴミのようなものが付く。

これはワックスを使っている人には、1回は訪れるであろう悩みだ。でもこれは仕方の無い事なんだよね。

ワックスはベタベタしているから髪に付ければ当然、毛はベタつく。ほこりが付いたらなかなか取れなくてずっと髪に付いている事は普通にある。

「ヘアワックスを使えば髪にほこりは付きやすくなる物」と、まずは理解しよう。

解決策。ワックスを使わないでセットしよう

ほこりが付く原因がワックスならば、そのヘアワックスを使わなければ頭にほこりが付く可能性は低くなる。

「え、それじゃ髪がセット出来ないじゃん!」

きっとそう思うだろう。しかし世の中にはヘアワックスを使わずとも、髪をセットする方法が存在するのだ。

ヘアアイロンと言う道具をご存知だろうか?

ヘアアイロンを使う女性

上の画像の様な感じの、髪にクセを付けてクルッとさせる道具なんだ。

前は女の子が使う物と言うイメージが強かったが、今ではメンズ用の物を販売されていて、男がヘアアイロンを使うのは割と普通になっているんだ。

このヘアアイロンがあれば、ワックスを使わずともヘアセットが出来るので当然頭はベタつかないし、ほこりに悩む事も無くなるだろう。

ヘアアイロンは上の画像にある「アレティ」のヘアアイロンが断然オススメだ。価格・温度・細さなどなどメンズのヘアアイロンに必要な要素を完璧に取り揃えている。

楽天のランキングでベスト3に入るレベルの品なので安心して購入できるね。実際に私も持っているぞ。

上の「楽天市場で購入」のボタンを押すと、楽天のサイトに移動して購入手続きを進めることが可能だ。

ヘアアイロンで髪をセットする方法はこちらの動画をご覧くださいな

私は現在、ヘアアイロンだけでパーマ風セットにしている。ベタつく事も無ければ、ほこりが付く心配もしなくて済むのでストレスフリーだ。

Advertisement

ほこりっぽい物はワックスの成分が擦れて生じた?フレーキングについて

頭に白いほこりやゴミ、フケのような物が付いている場合は「フレーキング」の可能性があるんだ。

フレーキングってのは、ワックスの成分が摩擦によって剥がれてくる現象だ。これは白っぽく、ほこりに見える事もあるんだ。

ワックスを付けた後に、クシや手でとかした際に摩擦が発生する事が多いね。恐らくこれが原因でフレーキングが起こるんだ。出来ればワックスを付けた後の頭を触らない方が良いね。

まあ、でも上で紹介したヘアアイロンでヘアセットする方法を使えば、そもそもワックスを使用しなくても大丈夫なので、このフレーキングを心配する必要も無いよな。

フケの可能性も考えられる

頭に付いている物が「完全にほこり」と見分けられるような物ならば、それは間違いなく「ほこり」だよね。

でも、「ほこりっぽい物」に見える場合はフケの可能性も考えられるんだ。ワックスを使っていないのに、髪にほこりっぽい物が付いているならフケを疑って良いだろう。

さて、フケの原因は基本的に2種類ある。原因別に対策も違うので、それぞれの解決策を紹介していこう。

【原因1】皮脂が少なく地肌が乾燥している状態

これは皮脂が減って地肌が乾燥しているので「パサパサした固まっているフケ」が出てくる。かゆみが出る場合もあるな。

フケと言えばこれが代表的。実は私も、過去にこのタイプのフケになった事があるんだ。

さてこのフケの解決策は「シャンプーを変える」事だ。私はこれで改善したぞ。

このフケは皮脂が少なすぎるのが原因で、皮脂が少なくなりすぎるのは「シャンプーが皮脂を落としすぎているから」なんだ。

洗浄力が強すぎるシャンプーを使っているとこうなるので、地肌に優しいシャンプーを使う必要があるな。

HIMAWARI

私の使っているシャンプーはHIMAWARI(ひまわり)だ。これは「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれていて、洗浄力が強すぎないので地肌に優しいのだ。

こちらの記事にも書いてある通り、頭のかゆみもこのシャンプーに変えてから無くなったよ。

これならば皮脂を落としすぎて地肌が乾燥する可能性も減るぞ。市販のシャンプーなので普通にスーパーに売っているはずだ。

【原因2】皮脂が過剰に分泌されている状態のフケ

これは髪がベトベトしやすい人にありがちなフケです。フケは乾燥しておらず、ベチャっとなっているんだ。

原因は皮脂の過剰な分泌。

体質的に皮脂が多く分泌される人もいるので、解決するのは少し難しい。対策としては主に2つ。

【1、食生活の改善】

糖分や動物性の脂肪を取りすぎると、皮脂の分泌が促進されるんだ。全く食べないのは無理だし「バランス良く食事をする」事に気をつければOKだ。

【2、シャンプーを丁寧にじっくりやる】

シャンプーでしっかり皮脂を落としてあげるのも重要な事なんだ。いつもより丁寧に地肌の汚れを落とすように心掛けよう。