やりたいことが分からない人へ自己理解の手順を解説します

自分を知る

こんにちは、けんたです。

 

仕事でもプライベートでも、以下のような事で悩んでいる方は多いと思います。

・やりたいことが分からない…
・自分の考えている事・価値観が分からない…

早くやりたいことや価値観を知って、充実した人生を送りたいですよね。

でも、何が向いているか分からない…というのが本音だと思います。

やりたいことが分からないあなたに、以下の順番でやりたい事や自分の考えている事を見つけてみましょう。

1.自分の長所、短所を理解する
2.長所、短所などの特徴からやりたい事候補を見つける

この記事では、具体的な方法も解説しておりますので、よければ最後までご覧ください。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

自分を理解するオススメの方法

まずはじめに、今回自分を理解する際に使うツールを紹介します。

マインドマップというツールです。

マインドマップは、私達がものごとを考えるプロセスをそのまま書いていくという、ノートを取る方法の一種です。
以下はマインドマップの一例の画像です。それぞれの枠の中に、考え事を連想して書いていきます。

枠は、何個でも作っていけます。

マインドマップ

Biljana JovanovicによるPixabayからの画像

考えていることが「見える化」されるので、頭の中を整理することが出来ます。
また、後で見返しやすいです。

紙に書いても問題ないですが、PCソフトを使った方が修正、加筆がしやすいです。
無料で十分使えますので、気になる人はマインドマップで調べてみてください。
ちなみに、私が使っているのは、XMindというソフトです。

また、企業が開発している自己分析ツールだと、5分程度で簡単に分析できますが、タイプ別に分類されるだけなので、あなただけのオリジナリティは減ってしまいます。

あなたの人生は、あなたしか歩んできていません。

あなたの中で封じ込めた感情もたくさんあると思います。

その感情も踏まえて、自分オリジナルの性格を見つけることが大事です。

マインドマップを使った具体的な自己理解の方法

マインドマップを使った自己理解の方法は、以下の3ステップです。
順に解説していきます。

STEP1:過去の経験や日常の行動から、あなたの価値観、考え方を書き出す

まずは、下記の2つから連想できることを書いていき、あなたが日常にどんな事を考えているか、マインドマップに書いていきましょう。

・過去の覚えている出来事
・日常生活の行動

例えば、以下の通りです。

マインドマップ

STEP2:あなたの長所、短所を、マインドマップに書いていく

STEP1で、あなたの特徴や長所、短所が見えてきたら、随時その特徴をマインドマップの新しい箇所に書いていきましょう。

例えば、以下の通りです。

マインドマップ

「短所しかない…」と思うかもしれません。

私もそうでした。

 

でも、短所は、裏返せば「長所」になるのです。

私も、昔は友達が出来ないことで、コミュニケーション力が低いと考えていました。
でも、自己分析を続けていくと、私には「一人でやり遂げる能力」があると気付きました。

友達がいなくても、自分で調べてなんとかすることが出来たのです。

このように、あなたの短所の裏には必ず長所があるので、ゆっくり考えながらマインドマップを書いてみましょう。

STEP3:あなたの特徴から、やりたいことの候補を挙げる

長所や短所を何個か上げてみたら、長所を活かせるような、又は短所を全く感じないような仕事や趣味を探してみましょう。

例えば、私は

・大勢の人といるのが苦手→一人の方が好き
・人と話すのが苦手→どちらかというと書くことが好き
・スマホをダラダラ見る→情報収集が好き

という理由で、ブログを始めました。
幸い、1ヶ月以上継続して書いています。

このように、必ずしも長所が見つからなくても、あなたにできる事はたくさんあると思います。

また、自己分析をした後のやりたいことの見つけ方については、別記事でも解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

マインドマップは地道な作業になりますが、漠然と頭で考えたり、他人に頼って分析するよりも、あなたが納得できる結果が出てくると思います。

将来やりたいことを見つけてみよう

以上の3ステップが、自己理解を進めるマインドマップの作成法です。

 

マインドマップの作成ですが、1日で完成するものではないと思います。
記憶を思い出すのにも、あなたのタイミングがあると思います。
時間はかかりますが、少しずつ作成を続けていきましょう。

そして、あなたの新しい一面を発見し、何か新しいことを始めてみましょう。

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました