就労移行支援所の選び方のコツを解説【実際に見学に行ってみました】

著者の日常

Photo by Headway on Unsplash

こんにちは、けんたです。

今回は、就労移行支援所について解説したいと思います。
就労移行支援所とは?というところから実際に私が見学に行った体験談、支援所の選び方のコツを解説しましたので、よければご覧ください。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

就労移行支援所とは

就労移行支援所とは、障がいのある方の就職支援を行う場所のことです。

障がいのある方が、一般企業で勤めるために必要なスキルやビジネスマナーなどを身につけるためのサポートや、就職活動のサポートを受けられます。

対象はどんな人?

対象となる人は、上記にもある通り障がいのある方となります。

具体的には、聴覚障害や下肢障害といった身体的な障がい者も対象となりますし、うつ病や統合失調症と行った精神的な障がい者も対象となります。

そして、私がもっている自閉症スペクトラム障害や、その他ADHD(注意欠陥多動性障害)といった発達障がいも、対象となってきます。

どんな事ができるの?

具体的に受けられる支援は大きく分けて以下の4つです。

また、大きな特徴として、カリキュラムは一人ひとりに合わせた内容となっています。
支援所に来られる方の背景は、人によって大きく異なるからです。

就職準備

まずは、就職のための準備についてサポートを受けられます。

うつ病になられてしまった方では、決められた場所に通うだけでもしんどいですし、そのような方は生活リズムを整えていくことからスタートです。

その他、職場内で円滑にコミュニケーションをとるためのスキルや、ビジネスマナーなど、勤めるために必要なスキルの習得を目指します。

職場体験

就労移行支援所では、実際の企業にて職場体験をすることができます。
体験期間は1週間程度のものがあると聞きました。

体験を通じて、自分の向き不向きなどを実際に確認できる点が良いですね。

就職活動

企業への応募、面接などもサポート頂けます。
履歴書の書き方や、面接の練習ですね。

実際の面接に同席いただいて、サポートできる場合もあるみたいです。

就職後サポート

採用が決定し、就職した後も職場に定着できるために継続的にサポート頂けます。

支援所によっては、定期的な面談もあるみたいです。

就労移行支援所の見学に行ってみました

私は今後、障害者枠として就職したいと考えています。

就職の支援を受けられる場として、就労移行支援所を利用しようと考えています。

そこで、今回2箇所の就労移行支援所を見学してみました。

1箇所目

結構大手で、全国どこにでも支援所があるようなところでした。

センター長には優しく対応してくださいましたが、スタッフさんがお忙しいのか、あまり私に対して対応されませんでした。

2箇所目

今回、私はここの就労移行支援所に通うことを決めました。

センター長、スタッフもとても優しく、就労以外にも、私の今の生活にも気にかけてくださいました。

就労移行支援所の選び方のコツ

就労移行支援所の選び方のコツを話したいと思います。

私は、支援所の人と相性が合うかどうかで、就労移行支援所を選んだら良いと思います。

スキルやビジネスマナーは、どの支援所でも学べることは同じなのかな、という風に感じました。

そこで、支援所に通われている方や、スタッフさんとの相性を見学で感じて、一番相性の合うところを選べば良いと思います。

 

以上、私の就労移行支援所体験記でした。

今後、通所する中でまた気づきがあれば、随時ブログに書いていきたいと思います。

おわり

コメント

  1. 蘇芳 璃都 より:

    初めましてこんばんは.
    まだこの記事しか拝見していませんが
    体験談、すごくためになりました.
    ああ、自分にあった就職場所にたどりつきたいなあ…….

    **********

    夜分に、しかも初めましてで失礼いたしました.
    応援、もちろん応援、させてください!!

    また、メアドだけは、その、私情でかけませんでした.
    ごめんなさい、メアドはうそです.

    • けんた けんた より:

      蘇芳さん

      著者のけんたです。
      お役に立ててよかったです!

      私も自分にあった就職場所、見つけたいです…

      応援、大変励みになります!
      これからも更新していきますのでよろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました