雪道でタイヤの太さは細い方が有利だって話

  • 2019.12.08
雪道でタイヤの太さは細い方が有利だって話

雪道を走る上ではどんなタイヤが良いのか?と言うのは疑問に思う人もいると思う。

実は雪の状態によって適切なタイヤが変わるんだよね。

しかし大体の場合は細いタイヤの方が有利になる。それプラス径の大きいタイヤが有利になる。

では何故そうなるのか?詳しく解説していこう。

Advertisement

タイヤは細い方が面圧が高くなりグリップしやすい

タイヤは細くなればその点にかかる圧力が上がるので、食いつきが良くなり滑りにくくなる。

タイヤが太いと滑りがちになる。分かりやすく言えば、いわゆる「スノボーやスキー」のような状態だ。

新雪などのふかふかな場所は太いタイヤの方が埋もれにくい

除雪車が通ってない場所や雪が降ってから車がしばらく通ってない場所は、圧雪されておらずフワフワな状態になっている。

この際はタイヤが太い方が良い。細いと面圧が高くなり、新雪への食い込みが強いので埋まりやすくなってしまう。

タイヤ太い方が圧力を分散してくれるので一点に力が集中せず、新雪に埋もれにくいのだ。

現在は細いタイヤが役立つ場合が多い

雪が積もる時期でも大体は除雪してくれてたり、車が通った後(わだち)が出来ていて、いわゆる圧雪された状態の時が多い。

新雪の場所を通るなんてことは早々ないし、むしろそんな道を走ろうと思わない。圧雪された道路を通っていくと思うので、基本的に太いタイヤが役に立つシーンは少ないだろう。

雪道はタイヤの径が大きいほうが有利

タイヤ径が大きいほど段差を乗り越えやすくなり、雪にハマる可能性が低くなる。

タイヤの径が小さいとつっかえて前に進めなくなるパターンが起こりやすくなる。

雪道は平らな場所ばかりではない。圧雪されてデコボコになっている場所や、融雪がある場所と無い場所で雪の溶け具合が違ったりする。

そんな場所も難なく乗り越えられるのが径の大きいタイヤって訳さ。

この点で言えば軽自動車は不利で、SUVなどは有利になるね。

Advertisement

タイヤは言うほど大きく影響しない?

雪道ではタイヤの太さが全てでは無い。

例えば駆動方式がFFかFRか4WDによってもかわる。4WDはハマっても抜け出しやすいが、スピードを出せるのてかえって危険。

FRはリアが左右に振れやすいので運転がしづらかったりする。

FFに関してはスピードを出さなければ1番安全だと私は思う。

→雪道はFF車でも大丈夫か?実は1番安全だと思うぞ

駆動方式の他にもドライバーの技量や慣れも雪道に影響してくる。実は滑りやすいタイヤだろうが車だろうが、ドライバーの技術があれば余裕なんだよね。

逆にどれだけ条件を整えた車でもドライバーが下手だと滑るしハマるし最悪だ。

だから今の自分の車に慣れる事が大事。どんなアクセルワークやブレーキでどのような挙動をするのか?安定して走行出来るハンドルの切り方。滑るスピードや路面状況を感覚で判断する能力など。

一回冬を越せば感覚的に雪道で今の車をどう動かすのが適切か分かってくると思う。とりあえず分からない最初は慎重に進もう。「雪道余裕じゃね?」なんて油断していると下り坂やカーブで痛い目を見ることになる。

スポーツカーは雪道に弱いのでオススメしない

レーシングマシンやスポーツカーと言うのは雪道に弱い。理由は2つあって「タイヤが太い」「車高が低い」「FR」

→雪国でスポーツカーに乗るなら軽自動車と二台持ちをするべき

さてタイヤは基本的細い方が有利と言う話は上でしたとは思うが、スポーツカーのタイヤって太いんだよね。タイヤの消費(摩耗)を抑えて耐久性をあげるためだ。

車高が低いのは単純に雪につっかえやすくなるし段差を乗り越えにくい事と、下を頻繁に擦るので壊れやすくなるって事かな。

FRは単純に運転が難しいことが理由。更に、後輪駆動なので後ろが振れやすくなってしまう。この際はトランクにノーマルタイヤだとか米を積んだりして後ろの車重を上げ、タイヤのグリップをしやすくすると運転が楽になる。

Advertisement

スタッドレスタイヤを細い物に買い替えた方が良いか?

その必要は無いと思う。あくまでも「細い方が少し走りやすい」くらいの感覚で思ってくれれば良い。

タイヤは高い買い物になるし、わざわざ新しく買う必要は無い。ただ、もし溝がすり減っていてスタッドレスタイヤを買い替えなきゃいけない時期が来たら細めのを選んでも良いだろう。

ただよく分からない方は「標準サイズ」でも充分だ。バランスの良さは圧雪された場所でも、新雪が多くてもある程度の走行性能があるからだ。

雪道は常に状況が変化するので、どんな道でも対応出来るような万能標準タイヤが無難だろう。

タイヤ溝が減っている人は要注意

車に長らく乗ってきた人、もしくは中古車で買ってスタッドレスタイヤが付いてきた人は「タイヤの減り」を見ておこう。

ツルツルだとグリップが効きづらくなってしまい危ないからな。

雪道はノーマルタイヤで走れるのか?

そもそも法律で、雪道をノーマルタイヤで走ってはダメだと決められているのでスタッドレスタイヤを履くように。違反で捕まっても文句は言えません。

ノーマルタイヤは意外にも走ることは可能。だがいかんせん止まらない。グリップが無いので。

上の動画はタイヤによってブレーキをかけてから止まるまでの距離を検証したものであるが、4:23〜を特に見て欲しい。凍った地面の上ではめちゃくちゃ滑るし中々止まらない。スタッドレスタイヤですら滑るのにノーマルタイヤにしたらより危険だろう。

ちなみに動画ではタイヤが回っていて滑っていないように見えるが、これはABSと言う機能が働いているためである。

ABSはアンチロックブレーキシステムと言い、ブレーキをかけた際にタイヤが完全ロックして固まるのを防ぐ機構だ。

これのおかげで滑る道でも車を真っ直ぐに走らせることが出来るのだ。タイヤをロックしてしまうと滑ってしまいあらぬ方向へ車が移動したりスピンしてしまう恐れがあるので、必要なシステムだ。