さりげなくカッコいい車ってなんだろうか?

派手すぎず目立ちすぎず、だけれどもカッコいいそんないい所取りの車が欲しい人もいる事だろう。

その気持ちはよく分かる。例えばほら富豪が持ってるスーパーカーって格好良いし乗ってみたいけど実際に欲しいとは思わないでしょ?

目立ちすぎるのは面倒だからな。

だから実際の生活で気楽に使えるような「さりげなくカッコ良い車」を見つける方法や車種などを紹介していこうと思う。

まず大前提として外車の選択肢は無い

外車は派手で目立つ。どんなメーカーだろうとね。強いて言えばフォルクスワーゲンは大衆車と言ったイメージがあるけどね。

最近のフォルクスワーゲンは結構良いデザインの車種もある。アルテオンとか個人的には結構好きだからオススメ。

後はMINIもあり。お洒落な外車代表と言っても過言では無い。クーパーが有名で人気モデルだよね。

それ以外の外車はちょっと派手なので「さりげなさ」が薄くゴリゴリアピールしている感じがあるので微妙かな。

そうなれば日本車が選択肢になるんだけど

日本車でカッコいい車は派手さはそんなに無く庶民的でありながら、密かなカッコ良さがある。

オススメはマツダかな。

マツダはコンパクトカーからセダンやSUVに至るまで全部似たようなデザインではあるが、それは全て「高クオリティ」である。

なおかつ変な派手さや意外性のあるデザインを採用していないので「シンプル×カッコ良い」を実現しているんだ。

最近はSUVが人気車種という事もありCX-30がオススメかな。

→CX-30かCX-3かCX-5どれがいい?CX-30かな

またマツダ3や6などのセダン車やスポーツカーであるロードスターもシンプルで格好良さがあるのでかなりオススメ。どの車種を選んでも失敗は無いだろう。

ちなみに大きいくてさりげなくカッコいい車が欲しいならトヨタのランドクルーザーが良いね。

→デカい車が欲しい人にオススメなのはランドクルーザーだね

嫌な派手さも無く「大人の車」ってイメージがあって街中を走っても違和感が無い。

SUVやクロスカントリーの中ではトップクラスにオススメかな。

カラーはブラックがオススメ

やっぱりブラックが至高かな。有色系は絶対に無い。本当はワインレッドとか好きなんだけど、やっぱり派手な事には変わりないからね。

さりげなさは落ち着いた黒一択だ。

ちなみに白やシルバーも落ち着いてはいるけど、そんなにカッコ良いとは思わない。やっぱり総合力はブラックが上だね。

黒の車は所有者も多く街中でも溶け込むから目立つ事は少ない。だけど間近で見れば格好良いんだよね。

さりげない格好良さは内装から出していこう

インテリアは非常に大事。ここをこだわると「さりげない格好良さ」が一段とアップする。誰かを車に乗せた時にはそれに気がついてくれるだろう。

まずはシートを革製にしたい。布製よりも大人っぽくや上品さが強くなるからな。ちょっと高級感があなたの価値を上げてくれるかもね。

カラーはブラックもしくはベージュが良いかな。特にベージュはあればオススメしたい。お洒落色で地味過ぎないし落ち着いた空間になる。

後は余計な物は置かない事だね。ものが増えればそれだけゴチャゴチャになるし色合いも悪くなってしまう。くれぐれも部屋みたいに散らかさないように注意しよう。

もし物を置くならダッシュボードやトランクなどの見えにくい場所に入れておくと良い。

最後に、内装に光る系のオプションはつけない事だね。あのキラキラしているのが何かこうガラが悪く見えるし下品だと思う人もいるので個人的にはオススメしない。

エンジンのうるさい車はやめた方がいい

例えばスポーツカーとかね?物好きな人からすればうるさいエンジン音は魅力的だけど、大体は鬱陶しくて下品な印象を受ける。

所有者の柄が悪めなのも理由になるだろう。スポーツカー乗りはヤンチャな若者が多いからね。

ちなみにスポーツカーじゃなくともディーゼルエンジンを積んだ車はうるさい。大人しくガソリン車にしておくのが吉だ。

そうそう、最近流行りのハイブリッド車は結構静かだよね。でも実は加速が遅かったり本体価格が高かったりと、そんなに良い物でも無かったりする。

車の自慢やアピールはしない事

当然の事だが「俺って良い車乗ってるんだぜ?」と言ったオーラを出すのは厳禁だ。

そういう人って嫌味っぽいし、あまり良いイメージを抱かないからな。

まあ「さりげない格好良さ」を求める人にはそんなウザい人は居ないと思うけどね。

さりげなくカッコ良い大人になろう

車だけじゃ無くドライバー自信も車の雰囲気にあった人柄にならなくてはならない。

あまりお洒落を意識しすぎず、だけど何となくカッコ良いオーラのある人になれれば最強だ。

オプションはこだわった方が良いかな

車には追加料金で色々カスタマイズ出来るけど、これはよく考えた方が良い。例えばホイール一つで車の印象は大きく変わる。ホイールだけは高くてもカッコ良い物を選ぼう。

こう言った「細かいこだわり」が、さりげないカッコ良さに繋がっていくんだ。