料理が下手な女は相手にストレスをかける。不仲の原因にも?

料理が下手な女は相手にストレスをかける。不仲の原因にも?

料理の素材

「料理が下手な女」は正直かなり厄介なのだ。もし自分が料理下手だと自覚しているなら今すぐにでも改善した方が良いね。

彼氏や旦那からすると「料理が不味いなんて口が裂けても言えない」と心の中で思っているだろう。

せっかく作ってもらったのに不味いなんて言えない。もしそれを伝えたらケンカになりそうだからね。

だから不味いのを我慢して彼女(嫁)のご飯を食べてるんだよな。

Advertisement

料理が不味いと自覚のある女性は今すぐに直したほうが良い

これは全男性の密かな願いだと思う。料理が不味い女性は付き合ったり結婚すると本当に毎日がキツイ。

いやまあ「文句があるなら自分で作れよ」と言われたらそれまでなんだけど、でもやっぱりご飯が美味しい彼女や嫁はありがたい。

子供もきっと喜ぶことは間違いない。子供は素直なので「お母さんの料理おいちくない!」なんて言われたらさぞかしショックだろう。

そして今まで旦那が料理が不味いのを我慢してきたのを陰ながら知って辛くなるのは目に見えてる。

だから料理を日々研究して、美味しい料理を作れるようになって欲しい。あくまで男性側の意見ではあるが。

それにママとなれば他のママさんとの交流もあるかもしれない。その時に「○○さんって料理下手よね〜」なんて噂されたら最悪の極みだよな。

だから料理は上手になった方が絶対に良い!

Advertisement

とりあえずクックパッドを見てそれの通りに作れば上手く出来る

料理ってどうやったら美味しく出来るのか分からないって人も居ると思う。

最初はまず料理本やクックパッドを見て「100%それの通りに作ること」を意識してみよう。

レシピがあるなら絶対美味しくなるのは間違いないからな。ある程度慣れてきたなら自分なりのアレンジを加えてみよう。

料理で大事なのは経験。同じご飯を何回も作っているうちに「美味しく作るコツ」が感覚的に掴めてくると思う。

この感覚ってのが料理においてはかなり大事なんだ。火の通り加減だとか、味見の時にどのようになっていれば正解だとかそう言うのが分かればきっと美味しい料理が作れる。

だから苦手意識を持たずにどんどん挑戦していこう。まずは「美味しいカレーライス」から作れるようになれば良いと思う。

カレーは作るのも簡単だし、不味くするのは逆に難しいほど。難易度は低めなのでここから攻略していけば良いと思う。

逆に難しい料理、例えば「卵料理(オムライスや卵焼きなど)」は火加減がシビアで美味しく作るためには結構な練習が必要になる。

それは料理がある程度上手になってから挑戦してみると良いだろう。

Advertisement

彼氏や旦那に協力してもらうのはアリ

「私、料理が下手だから今勉強してるんだけど味見して本音の感想を言ってほしい」と自分から伝えれば良好な関係を築ける。

生涯、彼女や嫁さんの料理を食べるのは彼氏や旦那さんであることが非常に多い。

だから旦那さんの口に合うことが最重要と言っても過言では無い。

だから旦那さんに協力してもらうのは良い解決法と言えよう。

【男性必見】料理下手な女性にトラブル無く伝える方法

自分のパートナーは料理が下手なんだけど、それを上手く伝えれない!って男性は多いと思う。

確かに一歩間違えればケンカになりかねないし、機嫌を損ねることになるのは間違いない。

Advertisement

だからトラブルを避けつつ料理の不味さを伝える方法を紹介していこうと思う。

【1、美味しいものは美味しいと普段から伝えよう】

料理を美味しいって言われて嬉しくない訳が無いよな?だから美味い料理はとことん褒めてあげよう。「天才!好き!」くらい言って大丈夫だ。

褒められたら相手も「私って料理上手かも?もっと頑張ろうかな」とモチベーションが上がってもっと美味しい料理を作ってくれるようになるかもしれない。

相手を上手いこと動かしてやるのは非常に大事。別に何も悪くない。相手は嬉しいし、自分は美味しい料理を食べれるのでWIN-WINの関係を築ける。

*一応注意事項として「不味い料理」は褒めちゃダメだ。相手さそれが美味しいと思ってずっと同じ物を作ってしまうからな。食べるこっちとしても辛い。

【2、何が不味いかを明確に伝えよう】

ただ単純に「これ不味い!」と言うと相手からしてもショックだしムカつくんだよね。

だから例えば「これ美味しいけど、なんか塩っぱくない?ちょっと食べてみてよ」と伝えるとトラブルになる事が少ないと思う。

「あ〜言われてみればそうかもな〜」と相手も納得するかもしれないからね。

そしてこれは1の美味しい料理は美味しいと普段から伝えているほど効果的だ。

「何でもかんでも美味しいじゃなくて、変な所はちゃんと本音で伝えてくれているんだな」と相手に受け取ってもらえるからな。

 

最初、料理について指摘する時は緊張するし怖い思いもあるかもしれない。でも、ちゃんと伝えないと今後が辛くなるから頑張れってほしい。

仕事から帰ってきてヘトヘトなのに、出てきた料理が不味いのは結構なダメージになるからな。それではまた。