ダイハツロッキーとトヨタライズはどっちが良い?比較しよう

ダイハツロッキーとトヨタライズはどっちが良い?比較しよう

ダイハツロッキーとトヨタライズのどっちにしようかな?と悩んでいる人も多いだろう。

まあ、結論から言ってしまえば「見た目で選ぼう」って事になる。両者の違いは性能見た目共にほとんど無く、大きく異なるのはフロントのデザインだ。

このフロントのデザインがどっちが好きか?によって買う方を選べば良い。むしろそれくらいしか比べる所は無いかも。

Advertisement

私はトヨタライズのフロントの方が好き

どちらか必ず良い!なんてのは決して無く、ここからは完全に私個人の意見になる。

まず、フロントライトに関してロッキーとライズは一緒の形なんだ。一見違うように見えるけどね。

さて、大きく違うのはグリルの部分だろう。トヨタライズの方は台形型の「ザ・トヨタ車」って感じの形状をしている。

ロッキーの方は、少しグリルが小さくて車のサイズに合っていない印象を受けた。私はグリルが大きめの車(アウディとか)が好きなので、その点で決め手になるね。

次はフォグランプだが、それ単体の形状ではあればロッキーの方が好き。綺麗な三角型にまとまっていて、スリムな印象を受ける。だが、グリルとの噛み合わせを考えるとトヨタライズの方が良い感じにまとめてあるよね。

エンブレムはやはりダイハツよりトヨタの方がカッコいい

ここはやはり世界のトヨタと言うべきか。エンブレムに関してはダントツでトヨタの方が好き。

ダイハツのエンブレムは軽自動車に付いているイメージがかなり強く、ブランド力が薄いと言うかロマンにかける気がする。

同じ車でも「どこのメーカーの車か?」によって周りからの目は大きく変わる。例えばの話だけど、これと同じ車をベンツやアウディから出したら見る目が変わるでしょ?

Advertisement

ホイールの形状はトヨタライズの方がカッコいい

ホイールは各メーカーのグレードごとに変わってくる。下位グレードに関しては、トヨタダイハツでもほとんど代わりが無いのであまり気にする事は無い。

しかし上位グレードでは変わる。

その中でもトヨタライズのZグレードは1番カッコいいと思う。滑らかにカーブを描いているのが良い。

更に白黒のカラーバランスがまとまっていて、実に合っている。特に車体がブラックの際はそれが際立つだろう。

ちなみにダイハツとトヨタ両者ともオプションではブラックのアルミホイールが付けられる。こちらは全てカッコよく出来ていて、どれをつけても良いかな。

もし下位グレードを買うならオプションでホイールを変える事をお勧めする。ライズはZグレード以外、ロッキーはPremiumとGグレード以外だね。

ダイハツロッキーはブラックカラーに関してはめちゃくちゃカッコいい

ロッキーを買うなら間違いなく黒。それ以外の選択肢は私の中では無いかな。

ブラックにする事でグリルとフォグ周りと同じカラーになるので、全体のまとまりが出て別の車になる。300万帯でも不思議では無いくらいに上質なイメージになる。

もし車体をブラックにするなら、オプションでアルミブラックホイールを付けると一層カッコよくなる。

逆にブラック以外だったらロッキーは買わないかな。公式が推してるレッドも個人的には微妙かな。

ちなみにライズもブラックが1番カッコよくて、次にベージュでその次にホワイトとシルバーが良いと思うね。4色ともアリなので、カラーの選択肢は私の中ではトヨタライズの方が多い。

Advertisement

トヨタライズとダイハツロッキーはエンジンが1KR-VET型で同じ

エンジンは特に変わりないので、どちらが力不足に感じるなんて事は無いだろう。

エンジンを始め、走行性能は同じと思ってくれて良いだろう。

1KR-VET型エンジンは1.0Lターボエンジンで、低回転でのトルクが良い。つまり普段使いするように適している車って訳さ。

価格はダイハツロッキーよりもトヨタライズの方が安い

まずは1番下のグレードから見てみよう。

トヨタライズのXグレードは1,679,000円なのに対して、ダイハツロッキーのLグレードは1,705,000円だ。

差額は26,000円だ。オプションが1つほど余計に付けられるので、少しお得だよね。ただ、そこまで気にするほどの差では無いのでデザインで欲しい方を選ぶのが吉。

それ以降のグレードは、ダイハツとトヨタ共にバラけている。グレードの分け方が違うので一概に比較は出来ない。

しかし1番上のグレードでは「ロッキーのPremiumで4WDが2,422,200円」で「ライズのZで4WDが2,282,200円」となっている。ダイハツロッキーの方が140,000円高いね。

一応、ロッキーとトヨタの2種のグレードと価格を全て載せておこう。

【トヨタのライズ価格表】

・Xグレード2WD 1,679,000円

・Xグレード4WD 1,918,800円

・X”S”グレード2WD 1,745,000円

・X”S”グレード4WD 1,984,800円

・Gグレード2WD 1,895,000円

・Gグレード4WD 2,133,700円

・Zグレード2WD 2,060,000円

・Zグレード4WD 2,282,200円

【ダイハツのロッキー価格表】

・Lグレード2WD 1,705,000円

・Lグレード4WD 1,944,800円

・Xグレード2WD 1,848,000円

・Xグレード4WD 2,086,700円

・Gグレード2WD 2,002,000円

・Gグレード4WD 2,224,200円

・Premium 2WD 2,200,000円

・Premium 4WD 2,422,200円

Advertisement

トヨタライズは買うならどのグレードか?

まずトヨタライズについてだが私としては1番下のXグレードで良いと思う。で、オプションで色々つけてカスタマイズするかな。

Xグレードで大きいのは、他と比べて「スマートアシストが付いていない事」「フォグランプがついて無い」「ホイールが違う」という事だろう。

しかしフォグランプはオプションで付けられるし、ホイールはオプションでアルミブラックホイールに変えられるので別に大したことは無い。

どうしてもスマートアシストが欲しいならばX”S”にすれば良いだろう。これはXグレードにスマートアシストを搭載したグレードでそれ以外は特に変わり無い。

GグレードとZグレードに関してはもはや好みの問題と言えよう。革のハンドルや各所に引かれたレッドのラインなどなど。

2WDか4WDかに関しては基本的に2WDで充分だ。雪が積もる県に住んでいるならば4WDにした方が走行安定性や雪にハマった時に抜け出しやすくなる。

ダイハツロッキーは買うならどのグレードか?

ライズと同じく、1番下のLグレードで充分だと私は考えているね。なお、ロッキーはLグレードでも標準でスマートアシストが付いている。

カラーはブラックでホイールもアルミブラックに買えておきたいところ。

ヒートシーターが欲しいなら、寒冷地仕様のメーカーオプションで付けられる。

2WDか4WDか?に関してはライズと同じく、住む県の気候に合わせて選ぼう。

Advertisement

PVはトヨタライズの方が楽しそうで買いたくなる

これは車本体とは関係ない話なんだけど、PVに関してはライズの方がお洒落で欲しいと思えるものだった。

PVの作り方、世界観をまとめていてポップでとっつきやすい。車を買ったらこんなに楽しい日常が待っているかもしれないってと、ワクワクさせてくれる。

音楽も軽快で「手軽に買えてコンパクトなSUV」という部分をしっかり表せている。

水色と白を基調としたカラーリングでまとめてあり「ライズだけが持つ独特の世界観」を演出していて素敵だ。

PVでは「家族」をメインターゲットとしているようにも見える。子供を持つパパにとっては良い一台になるんじゃないかな。

しかし、働き始めで遊び力を入れる若者にもライズは適した車である。20代であれば給料的に考えてもライズは家計を圧迫しづらいので、余裕を持った生活が可能だ。

ダイハツロッキーのPVやCMは話題性があり若者向けかも?

ダイハツロッキーのTVCMは「惑星の調査の相棒としてロッキーを使ってる」と言った設定で宣伝ムービーを作っている。

基本的に男優1人での宣伝ということもあり「若者や1人で車に乗る人」へ向けての印象が強い。まさに遊びを楽しむSUVをアピールしているように感じるね。

ライズに比べて「格好良さ」を出したプロモーションビデオだと私は思ったね。確かに、ロッキーはライズに比べてオフロードやアウトドアの趣味と合っているイメージがあるかも。(実際の走行性能や内装は変わらないが)

Advertisement

ロッキーとライズを両方ともディーラーに実物を見に言ってみよう

どっちにしようか悩む人は、一度ダイハツとトヨタへ試乗しに行ってみると良いかも!

ネットだけで見ているだけじゃ分からない事だってあるし、色合いだとかボディ形状やディーラーの対応などなど。特にカラーに関してはネットと実物では大きな違いがあるね。

一応両方とも見積もりだけでも立ててもらうと良い。それで家に帰ってから再び悩み始めれば良いぞ。

ダイハツロッキーとトヨタライズは人と被りやすい車?

これらの車は両方とも、かなり売れるはずだ。基本的に価格が安い物ほど数が売れる傾向にはあるが、この2種に関してはそのビジュアルやSUVという事もあり人気が高くなると思う。

当然、街中を走る数は増えるので「よく見る車」になるのは間違いないだろう。

つまり「人と被りやすくなる車」と言えよう。台数が増えれば、その中に知り合いが居て「あ、同じ車じゃん!」ってなる事はあり得るよね。

しかもロッキーとライズはリアの形状が一緒なので、後ろから見たときに見分けがつかないからな。余計に同じような車と思われる事だろう。

別に他人との被りを気にしないならば、全然大丈夫なんだけどね。どの車を買おうが、どこかの誰かとは被ってしまうからな。

Advertisement

ダイハツロッキーとトヨタライズのミッションはCVTのみでMTは無い

この2車種はCVTのみしか無い。CVTというのはAT車(オートマ)の進化版と考えてくれれば良い。

ギアが2速3速と切り替える訳では無く、軸の直径をスピードに合わせて変えているシステムだ。ATのギアよりもCVTの方が力の伝達がスムーズなので燃費が良くなる傾向にあるね。

残念ながらロッキーとライズにはMT車(マニュアル)仕様のグレードは無く、ドライブをギアチェンジで楽しみたい方には向いていないかもね。「マニュアルなんて面倒じゃん!」と思う方には関係ないけどな。

ルーフのツートンカラーはロッキーとライズで出来る色が違う

ルーフをブラックにしてボディを別の色にする「ツートンカラー」はロッキーとライズ両者とも可能だ。

しかしだ、ツートンに出来るカラーに違いがある。両方とも3パターンのツートンカラーからえらべる。

「ブラックルーフ&ホワイトボディ」と「ブラックルーフ&シルバーボディ」の2つはロッキーとライズ共に出来るカラーリング。

ロッキー限定のツートンカラーが「ブラックルーフ&レッドボディ」

ライズ限定のツートンカラーが「ブラックルーフ&ブルーボディ」となるんだ。

つまりライズでレッドボディのツートンや、ロッキーでブルーボディのツートンは選べないんだよね。

まあ、結局ツートンカラーの中での私のオススメは「ブラックルーフ&ホワイトボディ」なんだけどね。

ダイハツロッキーとトヨタライズのオプションは何を付けるべきか?

まずは「ナビ」これは私の場合は要らないけど、必要ならばつければ良い。ライズは1番下の「エントリーナビ」で充分だと思う。ロッキーなら標準プランCかな。

「ETC」に関しては基本的に要らない。必要だと感じる人がつければ良い。高速道路にしょっちゅう乗らないならあんまり意味は無いかも。

「ドライブレコーダー」は絶対付けるべきだね。今時は危険な運転による事故が多いので、もしもの時のためにつけておいた方が良い。

「スペアタイヤ」は絶対につけておこう。まあほとんど使うときはないけど、パンクした時などのいざって時に役に立つ。

雪が積もる地域に住んでいる人は「寒冷地仕様」のオプションは付けておこう。

「サイドバイザー」は付けた方が良いね。雨の日や雪の日に、車の中に水が入ってくるのを防げるからね。

必要最低限はこのくらいで、その他は完全に好みの問題だ。カッコ良くしたいならエアロパーツを取り付けたりしてみよう。