プロゲーマーは英会話を出来るようになるべき。世界が変わる

プロゲーマーは英会話を出来るようになるべき。世界が変わる

アルファベット

プロゲーマー、ここではその定義については曖昧なままでいく。とりあえず「海外で活躍するゲームプレイヤー」を中心として考えよう。

さて本気のゲームプレイヤーは海外の強いプレイヤーと大会で戦うよね。修行やイベント、その他交流などのためにアメリカだとか行ったりする機会もあるだろう。

むしろ、プロゲーマーとしてより上手くなるためにはそうせざるを得ないと思う。

さて、そんな時にほぼ必要となるのが「英会話」だよね。今回はそのことについて考えていこうと思う。

Advertisement

英会話が出来れば海外プレイヤーとコミュニケーションが取れる

1番嬉しいのはコレだろう。海外には強豪プレイヤーや沢山いるし、英語を通じて話すことが出来れば楽しい。

彼らのゲーム環境や、tiar(武器やキャラのランクなど)の意見を聞くことが出来れば参考になる。

また、立ち回りや戦略について議論出来ればきっと世界は広がるしゲーマーとしての技術も上がる。

海外と日本ではゲームの戦略が大きく異なることもあり、彼らの意見を取り入れたり対策するには海外のプレイヤーについて知ることが近道だからね。

ゲーム好きなら、友達や仲間とゲームの話をするのは楽しいよね?それが海外プレイヤーとも出来るんだから最高に決まってるじゃあないか。

その他、プロゲーマーとしての活動(例えば、どのように収益を上げるか?スポンサーとの関係は?など)についても聞くことが出来るので、自分の将来のビジョンの参考になる事だろう。

海外開催のゲーム大会で規約などを理解出来る

英会話と言うよりは読解についての英語力についてだね。英会話を勉強してれば自然に文章も単語を調べつつ理解できるようになる。

ゲームの大会にはそれぞれルールだったりレギュレーションだったりが定められているだろう。

細かい試合のルール(例えば反則や服装やスケジュールの流れ、持ち込み可or不可のものなど)を知ることが出来るので不安にならずに済む。

ルールを知らずに失格になったり、周りに迷惑をかけたりするのは良くないよね。だから調べて読める程度にはなっておこう。

Advertisement

勝利インタビューで英語を話せると「プロプレイヤー感」が出る

プロゲーマーは、例えば優勝などの活躍をした際に英語でインタビューを受ける時がある。

近くに翻訳してくれる人がいるならそれでも良いが、やっぱり皆んなの憧れである「プロゲーマー」は自分て英語てインタビューに答えた方がカッコ良いに決まってる。

プロゲーマーは実力も大事だが、人間性やカッコよさを備えたファンの多い人気プレイヤーである事はとても大事なんだ。

特にスポンサーは、プロゲーマーを広告塔としているのでそう言った人としての側面を非常に大事にしているね。

英会話が出来れば、海外からの人気も上がりファンが増えるだろう。英語が話せないと親しみやすさが減って、あまり興味を持ってくれないかもしれないね。

英会話が出来るプロゲーマーは純粋にカッコいい

理屈抜きに英会話の出来る人はカッコいいし、何せモテる。最近はeスポーツなどの発展でゲーマーに注目されつつあり、ゲーム好きな異性にはめっぽうモテるだろう。

例えば、ゲーム配信や動画投稿していて人気なYouTuberやストリーマーがいるよね。これはプロゲーマーとは違うけど、配信とかもやっていけばファンはつくね。

その時に配信で英語のコメントを返したり、少し英会話をしてたら「うわ、この人なんかすごい」って思われる事は間違いないね。

英会話に限らず「カッコいい」を意識する事は、eスポーツを発展させる上では非常に大事だよね。サッカーだとかバスケだとかのスポーツもお洒落でイケてるからね。

プロゲーマーもそんな「イケてるスポーツ」として世間に広まるには、1人ひとりがカッコいいプロゲーマーになる必要がある。

Advertisement

海外のゲームについて情報や考えを知ることが出来る

海外のゲームに対する攻略方法や、強キャラや武器や戦略などの情報がネットには沢山書いてあるよね。

例えばYouTubeだとか掲示板だとかね。○○が強い理由だとかそう言った海外の評価を知ることが出来るのは大きな利点だね。

ネットでの英会話(コメントや文字での会話)が出来るようになれば、海外プレイヤーとの議論が可能になる。

完璧な英会話になる必要は無い

日本人は完璧な英会話を目指そうとするところがあるけど、その必要は無い。そもそも英会話を勉強しはじめて数年程度では、ネイティブと同じレベルで話せる訳が無いんだ。

それこそ海外に住んで10年とか経たないとペラペラにはならないと思う。だって私たちが日本語を出来るようになったのも何十年もやってきたからじゃん?

多少ぎこちない英語でも、何とか伝わればとりあえずコミュニケーションは取れる。そこからトライアンドエラー、つまり試行錯誤を繰り返して徐々に上手になっていこう。

→英会話が全然出来ない?それが当たり前だと思った方が良い

英会話の勉強は隙間時間を作ってやろう

プロゲーマーたるものゲームの練習やイベント、その他色々あって忙しい事だろう。

英語の勉強はいつやるか?それは隙間時間にやるようにしたら良い。もしくは英会話スクールに通い週何回かで数時間だけやるようにすれば、そこまで負担にはならないはずだ。