自己分析をしても、やりたいことがないと感じるあなたへ

自分を知る

こんにちは、けんたです。

新しくやりたいことを見つけたいけど、自分には分からない…

このブログでは、そんなあなたに好きな事や得意なことを見つける方法として、自己分析をオススメしています。参考記事はこちらですので、興味のある方は合わせてご覧ください。

しかし、私もそうだったのですが、

自己分析をしてもやりたいことは見つからない…
好きな事ばかりしていたら今と何も変わらない…

という悩みも抱える方も多いと思います。

そんなあなたに、嫌じゃないことの掛け合わせで、まずは小さく始めて体験してみよう」というテーマで記事を書きます。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

嫌ではないことを、小さく始めてみよう

何かを新しく始めるのには、気力がいりますよね。お金や時間がかかるとなると、より一層気が重たくなります。

そんな時にオススメなのが「嫌ではないことを、小さく始めて体験してみる」ことです。

小さく始めて、自分が本当にやりたいことか、試して見ましょう。

具体的には、以下の通りです。

  • 今やっていることの延長線上で始めてみる
  • お金や時間が多くかからない範囲で始めてみる

オススメの「小さく始める方法」

それでは、具体的に「小さく始める方法」を書いていきます。

今やっていることの延長線上で始めてみる

まずは、今やっていること、ハマっていることの延長線上で始めてみることです。

例えば、あなたがYouTubeを見ることが趣味だとします。

自己分析をした結果、「ブログを書くことは嫌ではないな」と思ったとします。

そんな時は、まずブログでYouTubeの事を書いてみましょう。

オススメのYouTuberを紹介したり、動画の実証実験をしてみたり。

 

あなたの知らない世界を、今好きな事の延長線上で始めてみる方法です。

「嫌じゃない事 × 嫌じゃない事」で相乗効果を得る。

やりたいことを一つに絞ろうとすると難しいです。複数のことをかけ合わせると、自分らしさのあるやりたいことが見つかってきます。

お金や時間が多くかからない範囲で始めてみる

次は、初期コストや時間をかけない範囲で始めることをお勧めします。

例えば、インテリアを始めてみたいかも、と少しだけ思っている場合です。

まずは100均の雑貨を購入し、それらを組み合わせて部屋を装飾してみましょう。

もしゴルフや釣りをやってみたいのであれば、まずはレンタルして始めてみる。

いきなり高い買い物をすると、思ったものと違った時にショックが大きいでしょう。

初期コストは、なるべく小さく始めましょう。

主体的に動き出したら、人生は動き出す

ここまで、「嫌じゃないことを小さく始める方法」について解説しました。

ぜひ、上記のやり方で始めてみてくださいね。

始めは失敗しても良いので、まずは自分で選択して、何かを初めてみることをしてみましょう。

私も道半ばではありますが、自分自身で人生を動かせるのはとても楽しいですよ。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました