マインドマップを使った自己分析のやり方を教えます!【結果も公開】

自分を知る

Photo by Juan Davila on Unsplash

こんにちは、けんたです。

 

今回は、私が自分の価値観を知るために使った自己分析の方法を紹介します。
先に言いますが、正直他の自己分析の方法よりも、圧倒的に自分の事が理解しやすいと感じました。

使ったツールは、マインドマップです。
そもそもマインドマップって何?という方はこちらの記事をご覧ください。

PCのマインドマップソフト、Xmind(Android版iPhone版もあります)を使って自分の価値観をブランチに書き出していきました。
かなり時間はかかりましたが、時間をかけた分、より自分を理解できるようになりました。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

自己分析の方法:マインドマップで書き出した項目

では、自己分析のためにマインドマップにどのような項目を書き出したのでしょうか。
マインドマップに書いた項目について公開します。

私は、以下のSTEP1〜STEP3の流れで書き出していきました。

STEP1:過去や日常の出来事から、価値観を洗い出す

最初は、過去や日常を振り返ります。
具体的には、以下の3つをマインドマップのブランチに書き出しました。

【過去の出来事とそこから得られた考え方】
過去に起こった出来事を書き、そこ出来事から感じたことや学んだことを書き出しました。また、そう感じた理由なども書いていきました。
【日常の行動とそれらに対する満足点、不満足点】
現在の一日の行動を洗い出し、自分が何を感じているか、不満な点などを書き出していきました。
日常生活は、いろいろな価値観が反映されています。そのため、どうしてその行動をしているのか、考えてみると価値観が分かりやすいです。
【興味のあること】
過去から現在までに、興味関心のあったことを全て書き出しましょう。

STEP2:長所、短所、価値観を洗い出す

STEP1で過去と日常を書きながら、そこから得られた性格、考え方をマインドマップの別ブランチに入力します。

【性格】
長所、短所、長所と短所に振り分けられないものに分類します。
【お金、人間関係、時間、健康に対する価値観】
それぞれ、自分がどう考えているのかを書き出します。この際、自分の過去、現在を反映するようにしましょう。

STEP3:未来を考える

性格や4つの価値観を書いたら、その情報からあなたのやりたいことや未来に向けた目標を立てましょう。

未来に大切にしたい価値観
将来やってみたいこと
好きと長所をかけ合わせて新たに挑戦できる試みを探す

以上の流れでやっていくと、大切にしたい価値観で未来を描くことが出来ます。また、好きと長所の掛け合わせで、新たに挑戦できることも見つかるかと思います。

マインドマップを用いた私の自己分析の結果

以上の流れで私は自己分析を行いました。その結果、以下の画像のようなマインドマップとなりました。

マインドマップ

全てを公開するのはかなり恥ずかしいので、ぼやけた画像でご容赦ください…

ただ、膨大な量を書き出すことにより、丁寧に自己分析を出来たと思います。
これだけ膨大なツリーを作成すると、自分の価値観が丸わかりになりますよ!

画像がぼやけているので、長所と短所だけ書き出したいと思います。このレベルまで分かるんだ、という参考程度にご覧ください。
企業などが行っている自己分析ツールを使って普通に自己分析をしているだけでは、こんなにも見つからないと思います。原点に帰って、自分を見つめ直すことが大事だということが分かりますね。

まずは、長所や大切にしている価値観です。

【長所及び大切にしたい価値観】
物事を一人でやり遂げる、調査能力が高い、人の話をじっくり聞く事ができる、注意力が高い、勉強は好き、丁寧に作業できる、記憶力がある、ゆっくり時間をかけて考えられる、挑戦心がある、集中力が高い、無駄遣いをしない、物を丁寧に扱う、責任を持って取り組みたい、つながりの深さを大切にしたい、年配の方に優しくしたい、争いはなるべく起こしたくない、倫理観が高い、家族や人の応援は精一杯したい、人の悪口は聞きたくない、不安のない状態で過ごしたい、嫌なことからは逃げる

一方で、短所に関しても多くあります。
これも、自分で把握していないものもあり、新たな学びとなりました。

【短所】
大勢の人と連携して物事をこなすのが苦手、コミュニケーションが苦手、聴覚過敏、マルチタスクが下手、周囲の目を気にしてしまう、進捗がないと焦りを感じやすい、上手に手が抜けない、主張をあまりしない、作業記憶が弱い、作業速度が遅い、手先が不器用、計画の立案実行が苦手、決断力が弱い、すぐにイライラする、すぐに落ち込む、広い交友関係を持てない、異常な完璧主義

生きていれば、自分の苦手なことに取り組まないといけないときもあります。
取り組む前に、予め苦手分野が分かっていて、対策を打つことが出来ていたら万全ですね。

自己分析をして、充実した人生を送ろう

今回は、私がマインドマップを用いて行った自己分析の方法とその結果を公開しました。

自己分析をすることがゴールではなく、そこで見つけた新たなゴールに向かって進むことが大事です。
充実した人生を送る手段の一つとして、是非自己分析を検討してみてください。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました