顔色が悪いと言われる。暗い人に見えるのを改善するには

顔色が悪いと言われる。暗い人に見えるのを改善するには

別に体調が悪い訳じゃないのに「大丈夫?顔色悪いよ?」と言われる時があるって悩みを持つ人もいると思う。

特に肌の色が白い人はそう言われる事が多いだろう。色白なのは女性にとって良い事だけど、顔色が悪いまでいくと嫌だよね。

顔色が悪いと暗い人に見えることはあるので、ちょっと損かもしれない。

なので今回は「顔色が悪く見られない方法」について考えていこうと思う。

Advertisement

実際にめちゃくちゃ顔色が悪い人はそんなに居ない

本当に顔色が悪いって言うより「顔色が悪く見られる」って言った方が合っているかもしれない。

実際には肌のせいではなく日頃の身の振る舞いや態度も、意外と関わってくる。

なのでそれらも含めて顔色の悪さを改善していこう。

日頃から下を向かないようにしよう

日頃から下を向いて歩く人は要注意。

顔に影が出来て暗く見えてしまうし、場合によっては顔色が悪く見えてしまう。

テンションも低く見えるし、周りの人も声をかけづらいだろう。1人ぼっちだと余計に暗く見えるし、下を向いてて良いことは無いからな。

なるべく前を向いて歩くように心がけると良いぞ。まあでも真ん前だとちょっと違和感あるかもしれないから、少し視線を上げる程度でも良いかも。

表情をなるべく作ろう

これも暗く見えないようにするためこ工夫だ。

目指すべきは「笑顔で明るい人」だね。

あなたの周りでの明るい人を想像してみてほしい。恐らく顔色が悪い印象なんて1ミリも無いだろう。

最初は無理矢理明るいキャラになりきらなくて良い。今より少し微笑みを増やしたり、表情を作ってみるだけで大分変わるだろう。

表情が豊かな人は暗いイメージが少ないし、顔色が悪く見られにくい。

Advertisement

少しだけ日焼けをしよう

可能ならばの話だけど、ちょっと日焼けする事で顔色は悪く見られにくくなる。

健康的に日焼けが出来れば肌の青白さが無くなるからね。

まあでも簡単じゃないからな。日焼けしたくない人も居るだろうし、あまり良い選択肢とは言えないかもね。

無理に日焼けする必要は無いが、家に引きこもりがちな人は外出を心がけてみると良い。現代はスマホやゲームの発展が著しく、室内にいる事も多いだろうからね。

家にばかりいると日光に全く当たらないので、肌が白くなりがちだからね。

少しでも外に出ていれば健康的に少しだけ焼ける事が出来るぞ。

化粧で誤魔化す事も可能

白くしすぎないナチュラルメイクにする事で、顔色は悪く見られにくくはなる。メイクで肌を白くしがちな人は控えめにしておこう。

もし、元々の肌が白い人は少し肌色に近くなるようにファンデーションなどを工夫すれば良い。

もしくはチークで頬に少し色をつければ顔色が良く見えるね。ただし付けすぎには注意だ。あくまで自然な感じにしよう。

軽いスポーツや運動をしてみる

スポーツしてる人で顔色悪い人って全然思い浮かばないでしょ?

日頃から運動してる人は健康的な身体なので血行も良く、外に出るがゆえに少し焼けていて肌色も良い。

これを気にスポーツ、出来れば簡単で始めやすく続けやすいもの。もしくは興味があるものに手をつけてみれば良いだろう。

少しスポーツの例を出してみよう。

【女性】

・ジムなどのトレーニング施設

・ヨガ

・ジョギング

【男性】

・ジム

・サーフィンやスノボー

・アウトドア系

Advertisement

同時に健康的な食事を心がける

スポーツをしている人は意識が高いのか、食事も健康的である。運動してる人の肌色が良く見えるのは栄養も関係していると思うね。

バランスの良い食事を心がけよう。特にタンパク質と野菜は積極的に摂るようにすると良いね。

→野菜を食べたくない。大人になっても直らない野菜嫌いの話

ストレスが溜まってるのかも

ストレスが溜まって疲れていると顔色も悪くなり暗く見えるだろう。

今のストレス原因は何だろうか?

なるべくならそれを改善した方が良いけど、そんな簡単にストレス源を消す事は出来ないよな。

現代は「ストレス社会」なんて言うように、大体の人は常にストレスがかかっている生活を送っているだろう。学生でも大人でもだ。

プライベートでも友人関係や恋人関係のトラブルはちょくちょく起こるし、気を休める暇は実際あんまり無いよね。

だからストレス発散方法は考えておいた方が良いかもしれない。上で言った運動やスポーツはストレス発散出来るし良いかもね。

疲れが溜まってて取れていない

これは精神的なストレスとはちょっと違う。やっぱり忙しい日々を送っていると疲れが溜まってくるし、休日が無ければ身体を休ませる事も出来ない。

分かりやすく言えば、ブラック企業の勤める人の顔に元気が無くて暗いような感じだ。

そういう人は休んだ方が良い。もしくは休めるような環境の場所に身を移すべきだ。そう例えば転職とかだよね。

残業や休日出勤が無ければ、休んで疲れは取れるしスポーツも出来てストレス発散も可能だ。

そして何より「ホワイト企業に勤めている」ってのは精神的に安定するからオススメだね。