ジムニーシエラの納期が長すぎ!トヨタライズにしてみては?

ジムニーシエラの納期が長すぎ!トヨタライズにしてみては?

ジムニーシエラの納期は長い。2019年11月現在でも1年〜2年は待つと言われている。

「は?そんなに待てるかよ!」なんて不満がある人も多いだろう。私もジムニーシエラを購入する予定があったが、納期が長すぎるので断念した身だ。

じゃあジムニーシエラを諦めたら何の車を買うか?って話になるんだけど、これまた良さげな1台を見つけてしまった。

Advertisement

ジムニーシエラを諦めるならトヨタのライズはどうだろうか?

トヨタからコンパクトSUV「Raize」が発売される事になった。価格は1,679,000〜と普通車にしては破格の価格だ。

ライズに関してザッと知りたい方は、とりあえず下の動画を見てみてほしい。

ジムニーシエラとは車としての路線が違うのでライバル車とは言えないが、これも魅力的な1台である。なにせPVがお洒落なんだよね〜

トヨタのライズの中はジムニーシエラよりも広々としていて使いやすいだろう。普段使いする面においてはトヨタライズの方が優秀だと私は思うね。

燃費はジムニーシエラよりもトヨタライズの方が上

JC08モード(日本の燃費測定基準みたいなもの)での値で比べてみよう。

ジムニーシエラは「AT車が13.6km/L」「MT車が15.0km/L」

トヨタライズはミッションは全てCVTで「21.2〜22.8km/L」だ。

こうしてみると割と差があるよね。燃費やガソリン代を割と気にする人にとってはトヨタライズは有り難いよね。

まあジムニーシエラも決して燃費は悪い訳じゃ無いし、ガソリン代が高付く事は無いだろう。

Advertisement

トヨタのライズはジムニーシエラほどオフロード走行は強く無い

ジムニーシエラとトヨタライズの大きな違いはここにあるだろう。

ジムニーシエラはクロスカントリーとしてオフロードや悪路をガンガン攻められる車なので、そういった趣味がある人には最適な車だ。

トヨタのライズはエンジン出力が若干ジムニーシエラより低く、なおかつ重量も200kgほど重いので、走破性はジムニーの方が高い。

とは言え、雪道や砂利道を走る分には特に問題があるわけでは無いので普段使いする方には特に不便は感じないだろう。

トヨタライズはジムニーシエラとは違った格好良さがある

上で見てもらったPVはブルーカラーなのてま好き嫌いは分かれるかも。ちなみに私は嫌い。

しかしブラックとベージュに関しては渋カッコいい仕上がりになっていると思う。買うならこの2色のどちらかだろうな。

→トヨタのライズ(Raize)はダサい?カッコいいと思うぞ

トヨタのライズは2WDと4WDの2種類がある

ジムニーは4WDのみだが、トヨタライズは2WD(前輪駆動)と4WDがある。4WDの方が20万ほど高くなるね。

特に雪道を走る事が無いのなら2WDで充分だし、本体価格も安く燃費が良いのでそっちを勧める。

ただ、雪が積もる地域に住んでいるひとは4WDを選んだ方が良いと思うかな。あと、趣味でスノボーをやっている人とかは特にね。

Advertisement

ジムニーシエラの納期は今後短くなる可能性はあるのか?

最初の方(2018年とか)はジムニーシエラの納期は3年になるとか言われていたけど、今は1年ほどに縮まっている。

……だが、今後はこの程度の納期が続くと私は予想している。最初は諦めていた人が「納期が短くなってるみたいだし買うか」とディーラーに行っている可能性があるからだ。

「納期が短ければ欲しい」といった人は想像以上に多いはずだ。納期が短縮されれば、再びユーザーが増えるの繰り返しで当分はこの状況が続きそう。

特に「シエラ」に関しては海外への販売もしているので、ジムニーに比べて納期が延びがちになっている。

スズキも増産体制にはなっているらしいがそれにも限界があるし、生産施設を増やすのも経済的リスクが大きいので今後納期が格段に短くなる可能性は低い。

どうしても欲しいなら早めに今のうちに購入しに行くのが良いだろう。当然、納期を待たなきゃいけないけどね。

ジムニーシエラも良いが他の選択肢を同時に探しておくのが良いかも

ジムニーシエラが今のところ1番欲しい車だ!って人は多いだろう。その意思を無理に曲げる必要は無い。

ただ、同時並行で色々な新作の車情報に敏感になっておいた方が良いかも。もしかしたらジムニーシエラよりも納期が早く、そして自分にとってドンピシャな一台が見つかるかもしれないからね。

上で紹介したトヨタライズもその1つだ。人によって好き嫌いは分かられるから、気に入らない人もいるだろう。ただ他にも色々なメーカーから新車は発売されていく。

買い替え予定の人は、急ぎでなければじっくりと待つのも良い選択肢だ。

もしかしたら今販売されている車の中でも、自分が見つけていないだけで良い車種があるかもしれない。一応だが、徹底的に調べてみると良いだろう。