ハゲと悪口を言われたなら心が病む前に治した方が良いぞ

ハゲと悪口を言われたなら心が病む前に治した方が良いぞ

ハゲというのは薄毛の人にとってはかなりダメージの来る言葉だよね。

しかし心無い人は容赦なくハゲと言うよな。ハゲの辛さを知らない人は、薄毛の人を当然かのごとく笑い者にするからな。

多分、自分も薄毛になってから「ああハゲの人を笑い者にしてたのって酷い事なんだなあ」と気づくだろう。

さて、ハゲと言われて傷ついた人にこれどけは言っておく。「早めに治した方が絶対に良い」

Advertisement

ハゲは対策しなければ更に酷くなっていく

一度ハゲ始めてきた人は何らかの原因があるので、そのままの生活を続けていれば更にハゲが進行していくことは確かだ。

なので現状から何かを変える必要がある。まあでも普通の健康的な生活をしててもハゲる人もいるので仕方ないんだけどね。

だから育毛剤は発毛剤に頼る。もしくは増毛で人工的に髪の毛を増やす方法がオススメかな。

まだ軽い薄毛なら育毛剤や発毛剤が効く可能性があるので使う価値はある。ツルツルになってから(毛根が生きていない状態)だとほとんど意味が無くなってしまう。

店頭で買うのが恥ずかしいならネットで買うのがオススメ。送料はかかるが、恥をかくよりは安いもんだろう。

ハゲを治さないとストレスが溜まって幸せになれない

まず、過度ストレスを受けると血管が収縮して充分な栄養が行き届かなくなり更にハゲる。

基本的にストレスは身体にとって害でしかなく、色々な症状や生活習慣病に関わってくる。肥満や睡眠不足などが分かりやすい例だろう。

他には心が病んで憂鬱になり「何も楽しく無い」なんて状態に陥る事もあるね。

私は一時期これになったことがある。何もしたく無いし、でも何もしてない自分が嫌になってたね。

Advertisement

ハゲって単語を聞くだけでビクッとなる

「ハゲ」だとか「薄毛」だとかの単語に異常に敏感になるんだよね。ザワザワして賑やかなところでも、その単語だけは聞き取れてしまう。

別に自分に向けて言ってるわけじゃ無いのに、自分が悪口を言われているように聞こえてしまう。

その度に心が苦しくなってストレスが溜まってしまう。それでまあハゲが進行するって言う悪循環に入ってくんだ。

しかしハゲを治してしまえば何も気にならなくなるし、気が楽なので早めに対策した方が良いね。育毛剤や発毛剤を始め、現代では植毛や増毛もあるから選択肢は広いぞ。

ハゲはカツラをつけても陰口を言われたり笑い者にされる

ハゲを隠す代表的な方法としてカツラがあるよね。でもこれはやめた方が良い。

カツラは笑い者にされるし、風や衝撃などでズレやすいく人にバレるんだよな。

当然、バレたら陰で笑い者にされる。カツラは分かりやすく面白いんだよな。

→カツラはダサい。禿げは毛を生やして改善した方が絶対に良い

カツラはつけない方がいいね。育毛剤や発毛剤でじっくりと少しずつ生やしていくか、増毛で取れたりズレない髪を付けるのが良いだろう。

Advertisement

人はハゲが大好きなのだ

もちろん恋愛的な意味では無い。どちらかと言えば「お笑い」と言った意味でハゲは人気である。

分かりやすく面白いから話題に上げたがる。そんなに悪気があるわけでじゃないんだけど、こっちからすると悪口に聞こえる。

そもそもハゲって恨みを買った悪口では全く無いんだよね。別にあなたが嫌いなわけじゃない。

もちろんあなたが嫌な奴とかウザい人だったら、悪意を持ってハゲと言うだろうけどさ。だからあんまり人から恨みを買わないように気をつけて過ごした方が良いかも。

ハゲは悪口にしやすいのだ

目が細いだとか鼻の形が変だとかアゴが長いだとか身長が低いだとか色々コンプレックスは、悪口として言われがちだ。

だかしかしどれも「インパクト」にかける。小さいし分かりにくいので悪口も盛り上がらないんだよね。

ハゲは悪口のバリエーションが豊富なので、話が盛り上がる。一種のコミュニケーションツールと言っても過言ではないかもしれない。

特に若い人はハゲてないので、薄毛の人を笑い者にしがちだね。自分には関係ないし、今のところハゲる心配もないので余裕を持って悪口を言えるんだ。