友人関係が長く続かないという悩みの根本的な解決法を私の実体験から解説します。

価値観と考え方

こんにちは、けんたです。

 

学校や会社など、新しい環境に入った時に出来た友達でも、いつの間にか付き合いがなくなることも多いと思います。

 

友人が少ない事をコンプレックスにもっていると、「どうして友人関係が長く続かないのだろう…」と悩む方も多いと思います。

実際、私も友人は少なく、付き合いがなくなる度に悩んでいました。

 

しかし、今振り返ってみると、確かに一つだけ言えることがあるなと思います。

それは、「無理に友人関係を続ける必要はなく、価値観の合う友人とだけ一緒にいれば良かった」ということです。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

無理に友人関係を続ける必要はない

無理に続けると友達に合わせてしまうだけになる

日本の社会では、

「友達は多いほうが良い、友達がいない人はかわいそうだ」

という考え方が強く根付いていると思います。

この考え方に合わせてしまうと、冒頭のような悩みを持ってしまいます。

 

でも価値観の合わない人と無理に付き合うと、相手に価値観を合わせる事だけを考えるようになってしまいます。

これでは、自分らしさがなくなってしまいます。

もし、あなたが友人関係を無理やり続けたとしても、あなた自身が疲れてしまうだけなのです。

あなたの目的に、その友人関係は必要ですか?

友達がいなくても、困ることはなかったです。

私事の話になりますが、大学受験の時に入学した予備校では友達は一人もいませんでした。

受験勉強のために予備校へ来ているのに、どうしてみんなはずっと喋っているんだろうと思っていました。

信頼できる先生さえいれば、大学合格という目的の達成は十分です。

あなたが学校や会社にいる目的は、友達を作るため、ではないかもしれません。

価値観の合う人とだけ、一緒にいよう

とは言っても、人間には何かしらのコミュニティに属したいという欲求があります。

もちろん、私もその欲求を持っています。

では、どうすれば良いのかというと、

SNSや学外、社外で自分の価値観に合ったコミュニティや友達を見つける事をお勧めします。

大人数のコミュニティに思い切って飛び込めるのであれば飛び込んで良いし、

まずは一人の友達から…というのであれば、ツイッターで探すのがいいかもしれません。

私もツイッターで、私と雰囲気が似ている人に何人か出会えてよかったです。

 

今は、昔に比べてコミュニティを探しやすい時代となりました。

自分の居場所を、学校や会社に限定する必要はなくなりました。

無理に合わせる人間関係を続けるより、価値観の合う人を探してみてはいかがでしょうか。

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました