住宅ローンを組んでいる人も必見!FP2級の住宅ローン知識をまとめました

著者の日常

今回は、住宅ローンに関する知識をまとめてみます。

住宅を購入するとき、住宅ローンを組んでいる人、FP2級を取得する方に参考になれば幸いです。

抜け漏れ等あるかもしれませんが、その辺はご容赦ください。

参考にしている書籍は、以下のとおりです。




けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

フラット35

フラット35は住宅金融支援機構と金融機関が連携して行う住宅ローンです。

新築住宅の購入資金、また条件を満たせば中古住宅のローンにも適応可能となります。

なお、適用される床面積の条件は戸建て70m2以上、マンション30m2以上です。

融資限度額は8000万円。

長期固定金利で、融資実行時点での金利が適用されます。

融資期間は申込者が80歳になるまでの年数と35年間のどちらか短い方の年数です。

長期のローンが組みやすいのが特徴です。

住宅ローン控除

住宅ローンを組んだ人に、所得税の税額控除が受けられます。

適用を受けるためには、確定申告をしなければいけません。

10年以上のローンで、残高4000万円を上限に、ローン残高の1%の額が所得税から控除されます。

控除期間は、通常は10年ですが、現在は13年です。消費税の増税時に特例として長くなっています。

団体信用生命保険

住宅ローンの残高が保険金額となる生命保険です。

契約者、保険金受取人は債権者、すなわち金融機関。

債務者(ローンを組んだ人)が死亡、高度障害になったときに、保険会社が金融機関にその時点のローン残高を支払うものです。

ローン残高の減少に応じて、保険金額も保険料も順次減少していきます。

また、団体信用生命保険の保険料は、生命保険料控除の対象外です。

私は賃貸派です

以上、FP2級の範囲で住宅ローンに関する知識をまとめてみました。ご参考までに。

 

どうでも良いですが、私は賃貸派です。

一度住宅を取得してしまうと、自由が効かなくなるのが一番イヤですね…

もうここで住むんだ、と決められるのであれば、住宅購入を検討しても良いですが…

今のところはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました