FP2級の学習過程を発信します【FP-vol.1】

著者の日常

今後は、現在学習しているFP2級についても、学習過程を発信していこうと思います。

記事にアウトプットすることで、知識を定着させることが狙いです。

また、こんな風に勉強すれば、FP2級に独学で合格できるといった参考になれば幸いです。

独学で使う参考書は、以下のとおりです。




それでは早速、学習を進めていて気になったところをアウトプットしたいと思います。

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

育児休業の際に給付されるお金一覧

健康保険の出産育児一時金

被保険者または配偶者が出産した場合に、被保険者一児につき42万円支給されます。

この42万円の請求は、医療機関が行います。

そのため、本人は退院時に窓口で42万円を超える部分のみを支払うことで問題ないようになっています。

健康保険の出産手当金

出産のために会社を休み、給与が支払われない場合に支給されるものです。

出産日以前42日間と出産日以後56日間、最大で98日間、標準報酬日額の2/3が支給されます。

雇用保険の育児休業給付

子供の養育のために育児休業を取り、給与が支払われない場合に支給されるものです。

原則、子供が満1歳になるまで支給され、最初の180日間は賃金の2/3、以後は賃金の50%が支給されます。

育児休業を取得しても、半分くらいのお金は入ってくるのですね。
制度をうまく活用していきましょう。

学習のコツ

私は、とにかく問題を解くことからスタートすることにしました。

というのも、FP3級とかぶっている範囲も多く、すでにある程度の問題は解けるからです。

解けない問題は、2級の新たな範囲として、深く学習するといった形で進めることにしました。

この方法でうまくいくかどうか、また改めて検証結果を報告したいと思います。

 

これから頑張りますのでよろしくおねがいします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました