本の中から自分にあった情報を探すと、読書価値は2倍になる

価値観と考え方

こんにちは、けんたです。

 

「自分を変えたいと思って、自己啓発本などを読んでも、結局変われない。」

「全てを理解するのは難しすぎる…」

こういう悩みも多いと思います。

 

本を読んでいるだけですごいとは思うのですが、せっかくなら、本を読むだけでなく、その本から生活の変化を得たいですよね。

そこで今日は、あなたの生活に変化を与えるような本の読み方をお届けしたいと思います。

 

けんたです。発達障がいと診断されたことを機に自分らしく生きると決めました。
noteでは私オリジナルの自己分析法を紹介しています。

あなたの生活が変化する本の読み方

まずは、本の読み方に対する考え方をお伝えしたいと思います。

結論から言いますと、本の情報を自分の状況に当てはめ、あなたに必要な情報にカスタマイズすることが重要です。

 

本を読んで、単に全ての情報を手に入れただけでは変わりません。

情報を自分用にカスタマイズすることが必要なのです。

 

本をただ読むだけでは、何も変わらない理由

どうして、本をただ読むだけでは何も変わらないのか。

理由としては、本の内容はあなたの今の状況を反映していないから、と私は考えています。

 

本は著者の経験、知識を元に書かれています。

どの本も内容が素晴らしいのは間違いないのですが、あなたの人生はあなたしか知らないように、著者の人生は著者しか知っていません。

すわなち、著者が本にぶつけたその思いは、読者には非常に伝わりづらいものとなっています。

 

著者は、あなたの過去の経験や本を読む時の状況を把握できません。

すなわち、本は、全てがあなたに向けた内容という訳ではないのです。

 

なので、本の内容を全て理解しようとするより、本の内容の一部をあなたに必要な情報にカスタマイズしたほうが良いのです。

あなた自身が、本を読んだ上で、その情報をカスタマイズをしていく必要があります。

 

本の解釈は1通りではなく、読む人の数、読んだ回数だけある

あなたの状況によって、本の情報をカスタマイズする必要があるということを書いてきました。

それはすなわち、本はあなたの読む状況によって、何通りもの解釈が生まれるということです。

読む人によって学ぶべき箇所は変わるし、2回目に読んだときには、違う箇所が印象に残るかもしれない。

何回読んでも違う学びがあるので、同じ本を何回も読むのはありだと思います。

読む度に、あなたに最適な情報が目に飛び込んできます。

 

情報を自分用にカスタマイズしやすい本の例

ここまで書いてきたように、本の情報は自分用にカスタマイズする必要があります。

とは言っても、いきなり始めるのは難しいかもしれません。

そんなあなたに、オススメの種類の本があります。

 

それは、ご自身で取り組むワークが組み込まれている本を購入することです。

本の章末などにワークが組み込まれていると、そのワークに回答していくことで情報を自分用にカスタマイズすることができると思います。

本の購入前に、ワーク形式の問題が含まれているか、確認してみてはいかがでしょうか。

 

今のあなたに大事な情報を手に入れて、生活を変えていこう

この記事のまとめです。

本の内容には、著者の人生の全てが含まれていますが、それを全て理解するのは難しいです。

それよりも、今の自分にあった大事な情報を本から手に入れるようにしましょう。

 

その中で、ワークが入っている本は、自分なりの情報を手に入れやすいと思うので、是非一度購入することをお勧めします。

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました