英会話に文法の知識は必要か?別に無くても全然いける

英会話に文法の知識は必要か?別に無くても全然いける

「英会話を出来るようになるには、まず文法や覚えなきゃ」そう考える人もいるだろう。

それ自体は間違ってないし1つの方法としてはアリだ。しかし別に文法が分からなくても英会話ができるようになる道もある。

だって英語ネイティブの人が文法の知識に詳しいって訳じゃないじゃん?

日本人が日本語の文法に長けている訳じゃないじゃん?私とか国語が苦手だから「主語述語とか修飾語」とか意味わからない。でも感覚的に話せている。

ほとんどの人がそうだろう。英語もそれと同じってわけさ。

英会話は感覚が大切。だから文法にとらわれない方が柔軟に覚えられる

英語のフレーズには「あれ?これ文法的にどうなんだろう?」って疑問が浮かぶものが必ず出てくる。

だけどネイティブの人が使ってるならば、それで通じるので問題無いんだよね。

「そういうものだ」と柔軟に頭で理解出来れば文法で悩むことも無くなるからオススメ。

逆に言えば文法の知識は英会話力を阻害してしまう可能性もあるってわけ。何でも法則に当てはめたい人は要注意かも?

文法で悩むだけ時間がかかって大変なので、文法の勉強を捨てる方法もアリだと私は思うね。

Advertisement

全ての文法を覚えるのには量が多すぎる

文法について解説し始めると一冊の本が出来上がるくらいに多い。読むのも大変だし理解して記憶するなんてもってのほかだ。

「ふーんこんな感じの文法もあるのね」くらいに軽く受け取っておくのが賢い選択だと私は思う。

文法の勉強に時間を使うならば、それよりも効率的な覚え方があると思う。

→英会話の上達必勝法はフレーズを1つずつ覚えていくことだね

英会話は堅くなってはダメかも?

全ての言葉が主語述語や助詞だとかが完璧なわけじゃない。中にはスラングだとか造語だと色々あるので、それに柔軟に対応出来る頭が必要になる。

もっと肩の力を抜いて良い。英語は多少間違っても何となくニュアンスが伝われば良い。

日本人は妙に完璧にしたい所や細かい間違いを気にする人が多いけど、逆にそれが英会話力の上達を阻害してるのかも。

「間違えたら嫌だ」ではなく「間違えても仕方ない」くらいで考えてると楽で良いぞ。

英会話の文法は頭で覚えるよりは感覚に覚えさせた方が楽

知識というよりは「この流れなら次にこの単語や繋ぎの言葉(例えばtoとか)が来るな」とフィーリングで何となくわかるようになるのがベスト。

それにはフレーズを沢山覚えて、英会話の文法法則を感覚的に理解する事がベストかなと思う。

考えて話すと言うより反射的に言葉が出てくると言えば分かりやすいだろうか?