車のツートンカラーはカッコいいのか?それともお洒落か?

  • 2019.11.30
車のツートンカラーはカッコいいのか?それともお洒落か?

ツートンカラー、2色を組み合わせたカラーデザインの車は最近多いよね。

ちなみにルーフだけブラックに変えられるのも、中央のストライプラインを入れているのも一応ツートンカラーとして認識している。

さて、これらのツートンカラーは実際どうなのか?カッコいいのか悪いのか?そんな事について考えていこうと思う。

まず私の意見としては「車種によるが基本的には単色の方が好き」だね。それでは詳しく話していこう。

Advertisement

まずセダン車は単色しかありえない

セダン車は上品な大人の車だ。余計なカラーを加えてガチャガチャにするのは無しだね。

セダンをツートンカラーにしているのは見た事無いけど、もししていたらダサいと思う。

例えばアウディやBMWのセダンはホワイト単色が多いし人気だよね。派手に飾らない方がカッコいいタイプの車種もあるんだ。

軽自動車はツートンカラーでお洒落になるかも

可愛い系の軽自動車、代表するならスズキのハスラーかな。そのような可愛い系お洒落系の軽自動車ならツートンカラーは似合う。むしろハスラーに関しては単色の方がカッコ悪いかな。

他にも軽自動車はツートンカラーが似合う車種が多く、ダイハツミラココアやスズキジムニーなどなど色々あるね。

ツートンカラーはそう言った系統の車種との相性が良いので、小型の車を買うときは単色より良いね。

アメリカのスポーツカーはツートンカラーはアリ

アメ車例えば「フォードマスタング」や「ダッジバイパー」などはストライプラインが似合うよね。

単色よりもアメ車って感じがして個人的にはだいぶ好きかな。

ただここら辺は車種や個人の好みによるところが大きい。「アメ車にストライプラインは要らない」と思う人も少なくない。

例えば、シボレーカマロやコルベットはラインの無い単色が私は好きだね。ダッジチャレンジャーも単色が良いかな。

ちなみに日本車に限ってはストライプラインは無しかな。あんまり似合うスポーツカーがないってのが現状だよね。日本車のスポーツカーはシンプルな方が良い。

Advertisement

Miniのクーパーなどもツートンカラーがお洒落だね

ミニクーパーなどは自分色にデザインするのが楽しさだったりお洒落だったりする。

単色もカッコいいけどツートンカラーやそれ以上に派手なデザインでも私は好きかな。

やはり、お洒落可愛い系の車はツートンカラーが似合う傾向にあるね。

ストライプラインやルーフをイギリスの国旗デザインにしたりなど、バリエーションも豊富だよね。

SUVにある屋根だけ別カラーは個人的にカッコいいと思う

屋根(ルーフ)のみブラックカラーになっているタイプのSUVはいくつかあると思う。私としては結構カッコいいと思ってる。

個人的にはブラックルーフにホワイトボディが1番好きかな。最近だとトヨタのライズなんかはその組み合わせが似合うと思う。

ただ、単色の方が好きかも。SUVに関してはオールブラックが1番かな。見た目がだデカくて派手なのでカラーは地味な方が主張が少なく大人っぽい印象に近づくね。

→SUVの次に流行る車種は何だろうか?

車のツートンカラーは組み合わせが重要

「白×黒」だとか「水色×白」「赤×黒」のように最低でも1色は地味な色を入れた方が見栄えが良くなる。

例えば「紫×黄色」「赤×青」などと派手カラーを2つ掛け合わせるとゲテモノの色になってお洒落とは言い難くなる。

基本的に白もしくは黒と何か別のカラーを組み合わせるのが良いと思うんだ。

ちなみに私のオススメは「ホワイト×ベージュ」だね。ホワイトは何と組み合わせても大丈夫なシンプルさがあり、ベージュは主張が激しくなく大人しいお洒落なカラーだからな。

特に軽自動車やコンパクトカーとの組み合わせが良いかも。ベージュは木の色やカフェっぽさがあって、アウトドアやコーヒーなどが趣味の人にはぴったりかもな。

Advertisement

オープンカーも帆の色が違うのでツートンカラーになる

帆は基本的に黒やベージュなどのシンプルな色だが、その素材ゆえに独特なカラーをしている。マツダロードスターなんて良く街で見かけるから分かりやすい例になるだろう。

これは私はカッコいいと思っている。特にワインレッドカラーのロードスター+黒色の帆はいかにもって感じで好きだね。

逆にBMWやアウディなどはオープンカー(コンバーチブル)が似合わない。特に帆のタイプはアウディやBMWの上品なイメージを崩してしまうからね。普通のセダンか帆じゃないタイプのオープンカーにしたら良いと思う。

ボンネットのみブラックのツートンカラーが似合うのはスポーツカーだけかな

カーボンのボンネットもしくはカーボンシートを貼って黒くしたツートンカラー(特に白いボディの車に使われているのを見るかな)は特定のスポーツカーだけ似合う。

スポーティな車意外でそれをやっちゃうと場違い感が凄く、なんか浮いてる感じ。

そもそもボンネットだけ黒なのは走り屋のイメージが強く夜中に爆走している若者だと思われてしまうかもしれないから、個人的にはあんまりオススメ出来ないかな。

無理してツートンカラーを買うより単色にした方が無難

どうしてもツートンカラーの車が欲しいなら、それを買った方が良い。ただ、悩んでいるなら単色の方が無難かも。

車は買ってから後々「ああ〜こうすればよかったな〜」と後悔することが多い。しかも今後数年〜10年なる可能性も考えると無難を選ぶのが的確だろう。

10年後ともなれば割と良い年になっているからな。恥ずかしくなって買い換えるなんてのはありえるからな。

Advertisement

ツートンカラーは後からシールを貼ってデザインする事も出来る

単色の車を買っても後からでもシートをラッピングで上から色を変えることも出来るんだ。もちろんお金はかかるけどね。

だから最初は単色で買って、後から気分でラッピングしてお洒落してみると良い。

ラッピングならどの箇所の色も好きな形で変えられるので自由自在だからデザインする楽しさがあるよね。

ツートンカラーはダサいと言った意見を持つ人はいる

単色をダサいと言う人はほとんどいない。しかしツートンカラーは好き嫌いが分かれがちなデザインだ。

もちろんダサい派の意見は分かるし、だからといって乗らない理由にもならないけどね。

ただ、みんなからカッコよく思われたいとかなら単色を選んだ方が良いよね。なるべく反対派が少ない方を選ぶのは賢い選択だと思う。

ツートンカラーは20代が似合う色だ

ツートンカラーはお洒落かつ派手になるので20代までのカラーかなと私は思う。

さすがに30代を超えてくると車には「大人っぽさ」が求められるようになってくるので、そこで派手色を選ぶと少し浮くだろう。

おじさんが乗っていたら痛々しさがあるので気をつけよう。おばさんも同様だ。若作りしているように見えて滑稽である。

逆に20代の若者は「ツートンカラーは今しか乗れない」って事を頭に入れておこう。若い時にしか出来ない事だってあるんだ。

ツートンカラーの車に絞ると選択肢が狭まる

「ツートンカラーの車か欲しいな」と限定してしまうと、選択肢が少なくなってしまう。ツートンカラーを採用している車種がそんなに多い訳では無いからだ。特に普通車は単色ばかりだからね。

なのでまずは車の形や性能や値段などを見てから決めよう。その後にツートンカラーがあればそれを選択肢に入れて考えると良い。

色の選択肢がめちゃくちゃ少ない場合もあるけど、その時は仕方ないから諦めよう。後でラッピングやシールなどでデザインすると良い。