車で男の収入が分かるなんてのは大きな間違い

高級車に乗ってる人はお金持ちで普通の車に乗ってる人は並々の収入。

ボロい中古車や軽自動車は貧乏人なんてイメージが世間には少なからずある。

ぶっちゃけ割と合ってはいるんだけど、必ずしもそうとは言えないし結構バラツキがあるので信用してはいけないかも。

男は見栄を張りたがる生き物

「モテたい」「カッコいいと思われたい」「他の男に差をつけたい」と思うものだ。

別に変じゃないし割と普通のことなんだよ。決して表には出さないけど内心ではそう思っている人はかなり多い。

ただそれが理由で身の丈に合わない無理のある車を購入する場合があるんだよね。

「見栄を張っている男」を見極める必要があるのだ。

高い車に乗っている男にホイホイついて行ってはいけない

「高級車に乗ってる!お金持ちだ!わーい!」なんて思ってついていって、実は全然ちがいましたなんて事もありえる。

見栄を張る男って話が基本的に自慢気でドヤってる口調だし、内容もつまらないものばかりなんだよね。

車だけ良くて中身がポンコツなんて良くある話だ。話が面白くない人って壊滅的に楽しくないので付き合ってて苦痛だ。

今後どのような関係に発展するかは不明だけど、少なくとも幸せにはなれないだろう。

金が無くても高級車に乗れる現実

賃貸暮らしで毎日もやし料理を食べながら高級車を維持している車マニアもいるのだ。

別にそれ自体は個人の自由だし趣味の一環として、そこに人生を捧げるのも良いだろう。

しかし逆に言えば「実は頑張れば高級車に乗れる」って所なんだよね。もちろん生活はキツくなるけどな。

少なくとも「結婚を前提にお付き合い」とかは考えない方が良いだろう。あなたが良くても子供がかわいそうである。

パパに高級車を買ってもらった説

特に若者でアリがちなパターンがコレかな。親父がお金持ちだと車を買ってもらえる事が多い。

と言うかお父さんが「息子にも良い車に乗ってもらいたい」と思う心理もあるから、そうなっているのかもしれないけどね。

息子がパパにねだって買ってもらったと言うより自然な流れで買ってあげたパターンがありがち。

逆に高収入でも無難な車に乗っている人もいる

お金持ちでも車に興味が無かったり変な人に目をつけられるのが嫌で目立たない車に乗っている人もいるんだ。

確かに高い車って特別メリットがある訳じゃないし、買う意味もそんなにないからな。

だいぶ賢いし堅実な男と言えよう。そしてお金も稼いでいると。

恐らく1番のオススメなのはこう言う人だろう。見栄を張る人は車に限らず出費が多い可能性が高い。

無駄に大きい家を買ったり、高い服を着たり出費か激しいので貯金が全然たまらないのだ。

だから現実な人は結婚後とかにメリットが大きくなってくる。一度出費癖が付いてしまうと中々抜けきらないからね。

大体の年収目安は車の価格の2倍?

一般的には「年収の1/2くらいの車を買うといい」なんて言われている。

つまり乗っている車の大体2倍が年収だって事さ。300万の車なら600万の年収である。

しかしまあこれは結構当てはまっていないんだよな。意外とあてにならないのは私の周りでもそう感じる。

明らかに1/2じゃないんだよ。年収と同じくらいの価格の車を買っている人も結構いるんだよね。

ほら、若い人とかだとまだ実家暮らしが出来るから金銭的にも余裕が出来るし1/1でも全然いける。

相手の住まいはかなり参考になるかも?

車じゃなくて「どんな家に住んでいるか?」はかなり参考になるステータスだろう。

車は見栄を張れても住処までは中々手が届かないからだ。あんまりいい所に住んでないけど、車は高いなんて人は良くいる。

典型的な「見栄張り男」なので関わるのはやめた方が良いだろう。

家まで割と豪華と言うか良い家に住んでいるなら本当のお金持ちだと思って良いだろう。

ぶっちゃけ車意外を見たほう参考になる事は結構あるんだよ

例えば「食事」とかはその最たる例だろう。無理して高い車を所有していると日々の食事は質素になってしまう。

なので高いレストランだとか美味しい外食のお店とかにはあんまり詳しく無かったりする。

そう言うのはデートを重ねたり日々の会話からジワジワと分かってくると思う。

なんか貧乏臭いと言うかケチ?だとちょっと思ったら怪しいかもしれないね。

他にはそう、財布とかも見ておいた方が良いかな。高そうなのも大事だけど「状態」をちゃんと見ておこう。

ボロボロなのか綺麗なのかは結構収入に影響してくるね。相手を見極めるにはそういった細かいところも気にした方が良い。

自分の収入を使えるあては限られているから「全てを贅沢に」なんて事は出来ない。

必ずどこかに「歪み」が生まれるのだ。それを見極める力は身につけた方が良いかもね。

収入の高い男性を探すのは悪い事じゃない

「汚い女」みたいに思われるかもしれないけど、実際それは正しいのだ。

貧乏生活は「子供」にこそ苦労をかける事になる。お金が無くて大学に行けないし好きな事もさせてあげられないとか可哀想にもほどがある。