ロードバイクやクロスバイクを趣味でやれば飽きるのは普通だ

ロードバイクやクロスバイクを趣味でやれば飽きるのは普通だ

最近、趣味の1つとして流行っているのがサイクリングだ。

カッコいい見た目のスポーツバイクに、爽快感溢れるこの趣味に憧れを持つ人もいるだろう。

サイクリングを始めた最初はめちゃくちゃ楽しい。まず自転車を漕ぎ風を感じると「わあすげぇ!」と感じる事は間違いない。

電車や自動車よりも遅いのにもかかわらず、自分で風を切る快感はトリコになるだろう。

少し慣れてくれば遠目の目的地を決めて、そこを目指して自転車を漕ぎ、達成感を味わうことも出来る。

ここは1番自転車を「楽しい」と思える時期だろう。

Advertisement

ロードバイクはしばらく乗っていればつまらなくなってくる

飽きというものはどの趣味にも必ずやってくる。しばらくすると自転車で行ける場所はほとんど行き尽くしてしまい、そして風を切る爽快感も薄まってくる。

しまいには「疲れる、筋肉痛になる」などの悪い部分にばかり目がいってしまい、ロードバイクやクロスバイクに乗ることをやめてしまうんだ。

自分には向いてなかったのかなあ?なんて思うかもしれない。でもな、それが普通なんだ。別に問題は無い。

しかしロードバイクを売ったり捨てたりする必要は全く無い。一度距離を置いて、乗らなくなる期間を設けると良いだろう。

身体や脳からロードバイクの事を忘れさせるんだ。こうする事で、しばらく経てばまた「ああ、なんかロードバイク乗ろうかな?」なんて気力が湧いてくる。

飽きてきたら距離を置けば良いのだ。何かこう恋愛と似ているような気もするよね。

他にはそう、何かロードバイクの旅動画をYouTubeなどで見れば、モチベーションが刺激される時もあるね。

動画で見ると楽しそうなんだよね。「久々に乗ってみるか」と思えれば大成功すらある。久しぶりに乗れば、初心に戻り自分で風を切る爽快感を味わう事が出来るんだ。

距離を置くのはロードバイクに限らずどの趣味に置いても言える事だろう。「飽きたらしばらくやめる」これは覚えておいて損は無いぞ。

Advertisement

それまでは別の趣味を始めてみるのはアリ

ロードバイクをやめている期間それまではどうするか?

そうだね、せっかくなら新しい趣味を始めてみてはいかがだろうか?

趣味というのは「3つ以上持つ」って言うのを私の中で勧めていて、1つに注力してしまうと飽きが早くなるし退屈になってしまうんだよね。

1つどれかが飽きてきたら、それとは距離を置いて他の趣味に没頭すれば良い。

そう言った「サイクル」を作ることが出来れば退屈や飽きる気持ちが少なくなり充実するはずだ。

趣味は多い事に損はない。まあ、お金がかかったりスキルを磨きにくかったりと少し問題はあるけどね。

→趣味が無い人必見!モテる、チヤホヤされる趣味20選

自分の興味のあるものに挑戦してみてはいかがだろうか?

人生は1回きりだ、やりたい事に挑戦してみるのは何も悪い事じゃないと思うぜ。

色々考えるのはやめて、とりあえず興味があれば挑戦してみてはいかがだろうか?

Advertisement

ロードバイクは準備が面倒なのでもっとラフに乗ってみては?

ロードバイクは思ったよりも始める際は面倒である。まずは服からサイクルウェアに着替えなければならないし、ビンディングシューズを履いてサングラスヘルメットなどなど……

ロードバイクはスポーツチックな自転車なので、速さを求めるのならそれが良いのだが「趣味」として楽しむならば服装はもっと適当で良い。

家で過ごしている私服のままふらっとロードバイクで出かけてみよう。Tシャツにスキニーやチノパン、靴は革靴でもスニーカーでも良い。一応、ヘルメットもしくは帽子はかぶっておこう。

準備が楽だとロードバイクに乗りたい時にすぐ乗れるし「準備面倒だからいいや」なんて事になる回数も少なくなると思う。

正直、大会とかに出るつもりがないならサイクルウェアとか要らないと思うんだよね。だってあれ着てカフェとか飲食店生きづらくないか?

だからもっとラフで良いんだよ。ロードバイク=サイクルウェアって考えに囚われなくても大丈夫。

私服で乗る時はチェーンホイールにズボンの裾が巻き込まれないようにだけ注意しておこう。

ロードバイクは長く楽しめる趣味だし気長にやってみては?

自転車は趣味としてはかなり優秀な方で、歳をとってからでも出来る数少ない物だ。たった数年や数ヶ月で飽きてやめてしまうのはもったいない。

やらない期間があっても良い。ただ、末永くやっていけるので一家に一台置いてあってもいいと思う。

ただ、外に放っておいて雨ざらしにして錆びたり蜘蛛の巣やホコリが被るのは良くないので室内で保管するようにしよう。

飽きたからって見捨ててしまっては悲しいし、またやりたくなった時に悪い状態の自転車があると萎えてしまうからな。

あ、そうそう。自転車ってやっぱり見た目がかっこいいじゃん?だからそこに男心がくすぐられると言うか……眺めているだけでも楽しいんだよね。

お金にちょっと余裕があるならば、カスタマイズとかに手を出しても良いかもしれないね。