ベンツAクラスはセダンかハッチバックのどちらが良いか?

ベンツのAクラスは同ブランドの中では低価格で購入出来るので、嬉しい限りだよね。

さてAクラスにはハッチバックとセダンの2種類のどちらかを選択出来るが、どっちの方が良いのだろうか?

結論から言えば「セダン」だね。

使いやすさではハッチバックが上だが、ベンツというブランドに乗るならやっぱりセダンがカッコいいし様になるからね。

実用性はハッチバックの方が高い

トランクに荷物を積みやすいので単純に使いやすいんだよね。コンパクトカーのような利便性があって、普段の生活では活躍しやすい。

……まあ、普段からトランクに荷物を入れるような人じゃ無いとあんまり便利だとは感じないけどね。

例えば複数人で旅行とか行くときはハッチバックの方が何かと便利だ。

そう言った利便性からの視点で見ればセダンよりもハッチバックの方が断然良いよね。

しかし「ベンツ」と言うブランドにおいては、利便性を差し置いてでもセダンの方をオススメする。

ベンツAセダンの格好良さは異常

Aクラスはベンツの中でも「上品さ」よりも「格好良さ」に重きを置いた車種だ。

フォードマスタングかのような厳ついライトを備えた攻めているデザインになっている。

個人的にはクールさはAクラスがトップかな。次点でCクラスのデザインが好きかな。格式とか価格じゃなくて単純に見た目の話だ。

それにベンツのグレードとか全然わからない人(私も別に詳しくない)は結構多いしベンツというブランドだけで「すげ〜」ってなるからな。

ベンツのセダン車にはそう思わせる風貌がある。上品で大人の車の雰囲気を漂わせてくれるんだ。

カラーはシルバーかホワイトが良いかな。ブラックも格好良いけどちょっと悪さが強すぎるかな。

ベンツAクラスは性別でオススメが変わる?

女性にはハッチバック、男性にはセダンが良いかな。

女性は可愛らしく扱いやすいハッチバックの方が似合うと思うんだよね。コンパクトカーのような風貌はアウディのA1に似ているかも。

男性にはやはり一度はセダンに乗ってみてほしい。そっちの方が絶対カッコいいと思う。良いおじさんとかベンツのセダンに乗ってたらかなり雰囲気でるよね。

ベンツはハッチバックも格好良くなった

1998〜2011年くらいに販売されたベンツのAクラスはとんでもないくらいにダサかった。

いくらベンツのブランドがあるとは言え、他社のコンパクトカーを買った方がマシ。

現代のAクラスはハッチバックだろうがセダンだろうと良いデザインをしている。ベンツの名にふさわしい。

今時はハッチバックが主流?

近年ではSUVとハッチバックの評価や需要が高い。SUVは大容量と利便性の良さとビジュアルの良さに人気が出ている。

一方ハッチバックはSUVほどの広さは無いものの「日常での使いやすさ」が丁度良いんだよな。

→セダンは古臭いのだろうか?そのイメージは確かにあるよな

今時の人はセダンは古い車種と言った印象を抱いている人は多い。おじさんとかが乗ってるからそう感じるだけなんだけどね。昔からある型はセダンだけじゃないからな。

セダン×おじさんは最強にカッコいい

やはり若者よりも大人のおじさんが乗って映えるのがセダン車だろう。

白髭を生やして髪をカチッと整えてスーツを着たおじさんがセダンから出てきたら思わず見てしまうよな。

セダン車に乗るなら上品で清潔な大人になろう

せっかくセダンを買うならば身嗜みを整えた方が良い。服装は襟のついたシャツを着たり、髪型はさっぱりした爽やかなスタイルにしたり。

見た目だけではなく性格も爽やかになった方が良い。紳士の車だからね。尊敬されるようなおじさんになろう。

嫌われる人はどれだけ良い車に乗ってても嫌な奴だったら何も意味が無い。むしろセダン乗りは性格悪いなんて思われかねないし良い風評被害だよ。

ベンツAクラスはセダンとハッチバックってサイズが同じ?

イメージ的にはハッチバックの方がコンパクトに感じるが実際は大差無いんだ。

セダンは「全長4550mm全幅1800mm全高1430mm」

ハッチバックは「全長4420mm全幅1800mm全高1420mm」

セダンの方が13センチほど長く、これは後ろのトランク分のせいだ。取り回しの良さはコンパクトなハッチバックの方が良いが大して変わらない。

ホイールベース(タイヤ間の長さ)が同じなので内輪差が変わる事も無い。カーブが曲がりにくいと感じる事はあり得ないだろう。

強いて言えばハッチバックの方が駐車がしやすくなるのが利点かな。とは言えセダンも慣れてしまったら全然駐車出来るし、心配する必要は無いかな。

【関連記事たち】

→車は男ステータスだが、車しか取り柄の無い男はダサい

車は人の価値を変えるのだろうか?乗りて本人が魅力的な人でなければステータスにはならない。性格、仕事、趣味など全てが高い次元にあってこそ車が初めて輝くのだ。

それにステータスだと思っている人は調子にのりがちなので、周りから嫌われやすいから注意しよう。