アーティスト・ミュージシャンは趣味程度の素人でもモテる

アーティスト・ミュージシャンは趣味程度の素人でもモテる

有名なアーティストやミュージシャンや「キャーキャー」と歓声を浴びて、モテモテだよね。

これは有名人だからだろうか?

もちろんこのレベルまでファンがいてモテるのはメジャーデビューしたからだろう。

じゃあ素人はモテないのか?答えはNoだ。素人でも全然モテる可能性はあるぞ。

今回はそれについて考えていこう。

Advertisement

アーティストは素人でもモテるって話

素人って事はつまり、それでは食っていけず他の仕事を持ちながら趣味として音楽をやっている人の事だ。

曲も弾いて歌え、そして上手い人だね。例えばYouTubeで弾き語りをしている人や、友達とバンドやってる人なんかがその例だろう。

彼らの動画は再生数こそ少ないものの、その動画のコメントは異性からの絶賛の嵐のなんだよね。

例えば男の弾き語りしている動画には「歌声綺麗すぎて辛い」「やっぱり○○くんが1番好き」「カッコ良すぎ」こんなコメントが溢れている。

これでモテていないと言うのはありえない。音楽にはモテる要素がバリバリ詰まってるって事は理解出来るだろう。

素人でも初心者丸出しで下手なのはダメ

とりあえず音楽が出来ればモテるって訳じゃないのが厳しい所だね。

もちろん下手な演奏や歌声じゃあ人はやってこないし、むしろ「歌が下手な人」って覚えられてマイナスになるかも。

だから音楽を武器にしたいならクオリティは高くする必要がある。有名である必要は無いけど、実力はいるって訳だね。

Advertisement

音楽好きの人にモテる事は忘れちゃいけない

ミュージシャン・アーティストとは言え、音楽に興味が無い人からは全くモテない事は頭に入れておこう。

例えば弾き語りが好きな人からモテるには、弾き語りをやるべき。

バンドが好きな人からモテるにはバンドマンになる必要があるって事さ。

だから意中の人を落とすためにアーティストになるのはオススメしないし、まあほぼ叶わない。

アーティストになって、自分の音楽を好きになってくれた人からはモテるって訳なんだよね。

地元の人からはモテない可能性は高い。だって自分の音楽に興味を持ってくれる人って全国にどれくらい居るか分からないからね。

インターネットからあなたのファンが出てくる可能性が高いって訳なんだ。現代はネット配信が盛んだし、キッカケとしては良いんじゃないかな。

ある程度のファンの数は必要

ファンと言ってもあなたの音楽がどれだけ好きかは人によって違う。

ただ曲が好きで聴いている人もいれば、音楽をやってるあなたを応援したい熱狂的なファンもいる。

そしてモテるにはある程度あなたのファンが必要なんだ。最初は軽いファンから始まって、そこから恋に発展する可能性があるからだね。

曲が好き→アーティストが好き→あなたがそのものが好き→と簡単に分けても段階があって、本当に好きになってもらうには時間もかかるし。

つまりは、まず曲を好きになってくれる人をいくつか集める必要があるよね。

Advertisement

ファンとの交流は生放送やコメントで

趣味で音楽をやっている人はメジャーアーティストと違ってファン数は少ない。だがそれがゆえに1人ずつ深い接点が持てる。

まずネットで配信するならYouTubeなどのSNSを使うと思うが、コメントにはちゃんと返信した方が良い。

有名人みたいな「コメントは返せないけど読ませて貰ってます」みたいな発言は良くない。

応援してくれているファンには丁寧に答えよう。それが長くファンで居てくれる秘訣だ。

コメントする側としても返信がきたらそれは嬉しいに決まってるからな。その感情はあなたを好きになる1つのキッカケでもあるんだ。

生放送をするのも1つの手段だ。ファンとのコミュニケーションが言葉で取れるので、親密度があがる。生放送でコメントを読み上げて返事してくれたら嬉しいからな。

それに普段は曲で歌っている一面しか見れないけど、そういった普段の自分を見せる事でギャップを生むことが出来る。

生放送では歌っても良いし雑談でも良い。私としてはファンとの交流をした方が良いと思うから雑談メインの方がオススメだね。

Advertisement

ファンとの接点はライブが鍵

モテるアーティストになりたいならライブは絶対にやろう。ファンとのリアルでの接点はココが重要になる。

ネットで配信しかしてなかったら顔を合わせる機会は無いけど、ライブならそれが可能なんだよね。

でもライブにはお金がかかるし、準備のための時間もいる。ライブハウスを借りたりチケットやグッズを作ったりと、やる事も多い。働きながらやるのは簡単じゃないよね。

だからライブは連休とかにやるのがオススメ。

カバーじゃなくて作曲もした方が良い

カバーだけではアーティストとしての魅力は薄い。やっぱりオリジナルの曲のを作るべきだと私は思うね。特にライブとかやりたいならオリジナルの方がカッコいい。

→良い曲が作れない時はどうするべきか?作曲家の悩みを考える

作曲に悩むなら上の記事を読もう。

さて、オリジナルの曲はどういった方向性にしようか?と迷う時は自分のカバーしている歌や好きな歌を参考にしたらいい。

自分が好きじゃない曲なんて、歌ってても楽しくないから続かないし音楽が趣味なのに苦痛になる。